久居梨 今年の塚本梨園

何年か前に、このブログで久居梨のイチオシ梨小屋をご紹介したが、やっぱり人気は集中する一方で塚本梨園の梨は年々手に入りにくくなっています。

去年も夏の出荷時期の最中に、国道沿いの梨小屋へ行っても塚本梨園だけはシャッターが降りてる事があったんです。
コレ閉まってるんじゃなかった!
予約で全て埋まってるって事なんです。
だからわざとシャッターを下ろして・・何と中で梨の箱詰めされてます。
あとは交渉次第?111.png

だけど去年は発送分の梨が、だいぶ発送待ちになってしまった。
順番らしい・・・。
それならばと・・何と昨日今年の梨の販売開始を電話で確認したのだ!
早いもん勝ち??って事はないんだろーけど・・・。(笑)
まだまだ先の話なのだが、要は早めに押えておくに限るから・・・。
僕にとっても会社関係先もあり贈答物なので、「今年は送れなかった〜すみません」では済まないんです。(苦笑)
相手は楽しみに待ってくれてるんだもん。
ここは先手必勝!

でも、塚本さん・・「まだ早すぎる」って!(8月に入ったら始まるって教えてくれたヨ179.png
久居梨のあの甘さとみずみずしさ・・・もう少しです174.png

ちなみに今の時期はというと、山形のさくらんぼ🍒に夢中なのでした!(家にも苗を植えたヨ)


a0198819_19001431.jpg







[PR]
# by yasu121928 | 2017-06-25 19:01 | Comments(0)

神島 潮騒の舞台へ 三重

三重 鳥羽から定期船に乗って神島に行ってきました。
ここは旧名「歌島」、伊勢湾に浮かぶ三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台になった島です。

吉永小百合さんをはじめとする俳優さん達の主演で何度も映画化されている潮騒ですが、僕らの世代には山口百恵さんと三浦友和さんの潮騒が印象的です。
この想いでの映画を思い出しながら30年ぶりにこの神島の潮騒の舞台を歩きます。

a0198819_12461370.jpg
鳥羽のフェリーターミナルです

a0198819_12481790.jpg
この高速船で40分ぐらいかなぁ?

a0198819_12491778.jpg
神島が見えてきました


a0198819_12504042.jpg
これが神島の全景・・歩いて4kmのコース


a0198819_12513920.jpg
まさに離島の路地!!

a0198819_12523951.jpg
こんな路地を通って初江と新治が通った「八代神社」に向かいます

a0198819_12545821.jpg
八代神社の長い長い階段

a0198819_12554917.jpg
潮騒スポットにはこんな風にガイド看板が設置され、たくさんの方々が巡られています


a0198819_12572889.jpg
八代神社の神殿に到着

a0198819_12582044.jpg
ここからは第二の舞台「神島灯台」への道を進みます

a0198819_12591195.jpg
道端に咲く紫陽花の花が素敵です


a0198819_13042170.jpg
燈台長の家があった場所が・・・新治が魚を届けにきてましたよね


a0198819_13053216.jpg
伊良湖水道の難所を照らす灯り

a0198819_13072035.jpg
吉永小百合さん・・・。

a0198819_13083137.jpg
一度港まで戻って右回りでニワの浜へ向かいます

a0198819_13094362.jpg
ニワの浜での潮騒の撮影

a0198819_13101950.jpg
海女さんがアワビやサザエを取るニワの浜・・たくさんすれ違います


a0198819_19131934.jpg

潮騒最大の舞台「監的哨跡」(かんてきしょうあと) 新治と初江が焚火を境にして裸身で向い合った場所


a0198819_19180883.jpg
嵐の日のたき火はここで燃えていました



a0198819_19182426.jpg
目の前には愛知県 伊良湖岬が・・・目の前です



a0198819_13191289.jpg
初江が選択をしていた洗濯場・・今日も島の方がやっています

a0198819_13202608.jpg
a0198819_13203743.jpg
ナンバーが付いてない! ちなみに軽自動車や原付は市税だ


a0198819_13250779.jpg
食堂がない! 地元の方に聞いて何とかお願いしたら焼きそばを作ってくれた
優しいお母さんでした!!


a0198819_13271556.jpg
待ってる間に自家製「はも」をつまみに出してくれた・・温ったかいねぇ〜


本当に良い旅でした・・行って良かった!
皆さんもぜひぜひ神島へ
そしてお礼に島にいくらかのお金を落としてあげてくださいね。
昼食だけはない時のためにおにぎりかパンでも持っていってね・
どこかひとつだけでも、食堂やお土産屋さんがあれば最高なのにな。
ハイキングコースとして極上です。
休日はたくさんの方々が歩かれてますので、ぜひぜひ!!179.png




人口千二、三百、戸数二百戸、映画館パチンコ屋も、呑屋も、喫茶店も、すべて「よごれた」ものは何もありません。この僕まで忽ち浄化されて、毎朝六時半に起きてゐる始末です。ここには本当の人間の生活がありさうです。たとへ一週間でも、本当の人間の生活をまねして暮すのは、快適でした。(中略)明朝ここを発つて、三重賢島志摩観光ホテルへまゐります。そこで僕はまた、乙りきにすまして、フォークナイフで、ごはんをたべるだらうと想像すると、自分で自分にゲツソリします。 — 三島由紀夫「川端康成宛ての書簡」(昭和28年3月10日付)











[PR]
# by yasu121928 | 2017-06-25 13:32 | Comments(0)

奈良 信貴山へ

信貴山は「しぎさん」と読みます。
せっかくの土曜日、どこかに行こうかと話していると、ここに行ってみない?と嫁さんがいう。
よっしゃ! 行ってみようと・・・。

ここは真言宗、弘法大師のお寺なのですが、高野山とは分派しているようです。
毘沙門天がご本尊で、商売繁盛のご利益を求めて企業や商いをされる経営者などの参拝客が多く、お寺の繁栄につながっているのだと感じました。
聖徳太子がこの地で戦勝祈願をした時に毘沙門天王が出現され、戦勝の秘法を伝授された。
それが寅年、寅日、寅の刻だった事から、境内の所々に寅が祭られている所以です。
七福神のひとつ毘沙門天はここ信貴山が日本で最初に出現された地だそうです。

毘沙門天王は七福神のなかでも福随一といわれ、家内安全・商売繁盛・開運長久・心願成就などの願いを叶えると言われているそうです。
僕も真剣にお願いをしてきました。

そしてここに参られたらぜひ行ってほしいのが「戒壇巡り」です。
本堂の右側に受付があります。
ぜひぜひ巡ってみてくださいね。
下に信貴山HPの説明文をコピーしておきます!

戒壇巡り

戒壇巡り

約800年の昔、後に紀州の国根来寺を創建されました覚鑁上人(新義真言宗の開祖)が、当山に籠って修行されました折、毘沙門天王のお告げにより、宝の珠「如意宝珠」を納められたと云われております。

この「戒壇巡り」は、心願成就を祈る修行の道場で、本堂真下の暗闇の回廊です。長さ九間四面三十六間、暗い部分で約60メートル、約5分間でお詣りができます。階段を下りたら、右手を右の壁に当てながら廻り、二番目の角を曲がってください。すると見えてくる灯明の場所には、皆様方の十二支生まれ年の守本尊、即ち千手観音や阿弥陀如来など八体の仏像がお祀りしてあります。ここで、ご自分の守本尊に身体健全、家内安全をお祈りください。次にまた、右手を右の壁に当てながら進んでください。次の角を曲って少し行きますと、又木の格子が手に当たります。その胸の高さに大きな鉄の錠前が掛っております。この錠前に触れますと如意宝珠に触れたと同じ功徳が与えられると言い伝えられ一願成就のご利益が授かります。


a0198819_09023550.jpg
a0198819_09031449.jpg
a0198819_09033939.jpg
a0198819_09040931.jpg
a0198819_09055668.jpg
a0198819_09064339.jpg
a0198819_09105444.jpg
a0198819_09113530.jpg



[PR]
# by yasu121928 | 2017-06-04 09:12 | Comments(0)

香港旅行記2017 ③

翌日はHISの市内観光に駆り出されます。
でもこれは仕方ない!
その代わり超リーズナブルに海外に来れるんだもん。

昔から格安ツアーに慣れてる僕らからしたら、HISはずいぶんまじめ。
ここでしか海外旅行はオーダーしない。

大好きなHISだが、香港ツアーの市内観光は今まで一番の添乗員商売観光だったことも確かです。

朝バスにピックアップしてもらって、まずはビクトリアピークへ
a0198819_13403774.jpg
a0198819_13410582.jpg

本当は夜景がいいのですが、まあバスで連れてきてもらうわけで、十分です!
写真係のおねーさんが写真を撮ってくれるのですが・・「買わないよ」って言ってるのに・・・。
バスに同乗されていました。


続いては、赤柱(スタンレー)へ
花文字などが有名らしく購入される方が多かったですが、露店ぽい店が多く僕らはまったく何も買う気がしなかったです。
途中で枕屋さんや貴金属店を回り、何が何だかどこへ行ったのかもうわからなくなってしまう。(苦笑)
これはどこだったっけなぁ〜
a0198819_13501720.jpg


その後は黄大仙へ。
ここは有名な寺院お線香をあげる方でいっぱいです。
いわゆる観光地だけじゃない場所です。
a0198819_13543127.jpg
a0198819_13545995.jpg

僕らにとって観光バスが立ち寄るような名所はあんまり興味がなく、免税店で解散後に町に繰り出します。
どうしても行きたかった女人街・・・人々のパワーが溢れています。オススメ。


a0198819_13573127.jpg
a0198819_13574603.jpg

晩御飯はシーフードのバイキングへ
何と生ガキ、魚介類をおなか一杯食べました。
ちょっと危険だったなかな。
a0198819_13592797.jpg
a0198819_13594985.jpg

最終日はイタリアンへ・・・う〜ん、ちょっと味が違った・・。💦

a0198819_14005580.jpg
香港空港のビジネスラウンジへ
a0198819_14013629.jpg
ピーチの搭乗口はすごく遠い!
ゆっくり動いて15分って、感じでよいかと。
a0198819_14030304.jpg
深夜、無事関空へ到着。
ここから車で三重まで帰ろう。

a0198819_14032394.jpg
全体として、市内観応の勧誘がうるさいが、僕らは何一つ買わなかった。
カモの様なカップルがおられ、すごい金額を使われていた。
どっちでもいいんですよね・・本人たちがよけりゃ。

僕らはそこには1円も使わなかったけど、HISのこのツアー悪くもなかったです。




[PR]
# by yasu121928 | 2017-03-26 13:35 | Comments(0)

香港旅行記2017 ②

香港に来てまず感じた事は、街がきれい・・・そして清潔。
アジアの中の大都会でナンバー1じゃないでしょうか。
ソウルでも上海でもゴミがいっぱいだった印象がある。
なんといか民度の高さが香港のクオリティだと感じました。
ここの方々は違います。うん。



ピーチの朝便で日本を出発した私達・・ツアーならではのバス待ちをしても初日から出かける時間は十分にあります。
セントラル(中環)を中心とした香港島は、大阪でいう「北」みたいなかんんじまかなかあ。
そして旺角エリアを中心とした九龍半島は、「南」。
梅田と難波って感じが個人的な印象です。
まずはセントラル付近の都会的な街並みを巡ります。

a0198819_08205731.jpg
a0198819_08212398.jpg
香港島バーバー付近・・・ここの夜景はすごいんです!
ビクトリアピーク行きのピークトラムが大渋滞の行列だったので、ビクトリアハーバーでの夜景を楽しみます。
これ正解だった気がします!
a0198819_08214044.jpg
a0198819_08262248.jpg
a0198819_08264213.jpg
ハーバーから九龍半島側へスターフェリーで渡ります。
オクトパスカードで待たずに乗れ、最高の夜景が楽しめます。
ただし、結構揺れますよ!
a0198819_08291472.jpg
地下鉄に乗ってパンダホテルへ
駅を降りたらもうネオンが見えます。
大型ホテルで十分な内容のホテルですよ。
a0198819_08304088.jpg



③へ続く









[PR]
# by yasu121928 | 2017-03-25 08:31 | Comments(0)

香港旅行記2017 ①

夫婦で土日以外に一日だけお休みを取り香港へ行ってきました。
やはりイギリス統治の時代がありますので、どこか違うのです。
中国なのですが、香港の人達は中国本土の人達と私達は「違う」と考えて生きています。
大都会の中でごくごく自然なマナーもスマートにこなされる香港の方々・・・上海とはずいぶん違うと感じました。

a0198819_10222079.jpg
今回は関西国際空港から初めてのピーチです。
第2ターミナルは不便ですが、がんばってビジネスラウンジへも行ってきました。
a0198819_10225218.jpg

8:20発なので大韓航空ラウンジで朝食とアルコールを補給してピーチへ搭乗。
初めてのLCC・・・狭いなぁ〜やっぱり。
機内でBeerを注文し、隣り合った現地駐在の男性と話が弾みました。

a0198819_10265769.jpg
a0198819_10273316.jpg
我が海外旅行でめったにない「雨」か・・・と思いきやすぐにあがりました。
旅行会社のバスにピックアップしてもらってホテルへ。
送迎付きは待ち時間がイヤですね。

a0198819_10304816.jpg
a0198819_10313031.jpg
ホテルは郊外の大型ホテル「パンダホテル」地下鉄が近いので楽勝ですよ。
地下にイオンが入っていて、何一つ不自由はありません。
格安ツアーなのにgood!です。
そこでもう一つ、チェックインでアップグレード! スイート30Fの一つ下29Fのハイクラスルームになりました。
広ーいお部屋でラッキーです。

a0198819_10390291.jpg
a0198819_10402045.jpg

a0198819_10415634.jpg
a0198819_10422035.jpg
11;45には香港に到着しましたので、初日も十分に遊べます。
食事を終えて中心部へ地下鉄で向かいます。
セントラルまで一気に移動して、2階建てトラムで街並みを見て回ります。
a0198819_11041930.jpg
a0198819_11044148.jpg
a0198819_11051895.jpg
a0198819_11061132.jpg
a0198819_11063335.jpg

ここ香港でも到着したらフリー切符を買うのが鉄則です。
駅や空港やコンビニでも手に入ります。
名前はオクトパスカードで一枚150ドルです。
これ一つで地下鉄やトラム、フェリー、バスも使えます。
いちいち現金を払うのはとっても大変なので、絶対に買うべきです。
僕たちはホテルの最寄り駅「大窩口」の窓口でオクトパス2プリーズで購入、帰りは地下鉄空港駅の窓口でオクトパスカードを出してチェックプリーズで、残金の清算ができました。
a0198819_11075043.jpg



②へ続く










[PR]
# by yasu121928 | 2017-03-19 11:08 | Comments(0)

秋のヘルシンキ旅行記 ④ エストニア・タリン

フェリーはタリンへ到着。
バルト3国へ初入国。
旧市街地へは歩いて15分・・さあ行きましょう。
a0198819_16461142.jpg

a0198819_16462382.jpg

a0198819_16463817.jpg


a0198819_16493013.jpg

a0198819_16490394.jpg
a0198819_08572029.jpg
a0198819_16512203.jpg
a0198819_09105430.jpg
a0198819_09101783.jpg

a0198819_16503151.jpg
a0198819_16510770.jpg
旧市街中心部の広場にあるOLD FOODのレストランに入店。

a0198819_16473528.jpg


a0198819_16495082.jpg
お客さんもほぼ旅行者で結構にぎわっていましたよ。
a0198819_16502049.jpg
日本語メニューがあると言われたが英語メニューしかない・・・苦戦しました。
とりあえずワインと最初のページにある代表的な料理をチョイス。
味はなかなかGOOD! 店員さんもフレンドリー
a0198819_16500936.jpg
a0198819_09003565.jpg
10時にヘルシンキ港を出て15時の船でタリンを離れる。
何とも慌ただしい旅でしたが、良い思い出になりました。
行って良かった!皆さんもぜひ!

船内から見るバルト海に沈む夕日が素敵...。
a0198819_09094118.jpg






[PR]
# by yasu121928 | 2016-12-18 09:07 | Comments(0)

秋のヘルシンキ旅行記 ③ フェリーでタリンへ

ヘルシンキからタリンへのフェリーの旅。
シリアラインの超大型フェリーに乗るために港へ。
フィンランドからエストニアはEU圏内なので、特別な入出国手続きは不要。

ヘルシンキ-タリンのフェリーチケットは事前に日本で予約して、その書面をチケット窓口で提示したら、ごく簡単に乗船できました。
http://www.directferries.jp/helsinki_tallinn_ferry.htm ここで予約
西ターミナルから出発するフェリーは2時間程度でエストニアのタリンに到着です。

a0198819_15122859.jpg
フェリーターミナルのチケット売り場です。

a0198819_15140088.jpg
巨大フェーリーの中は娯楽施設いっぱい!
a0198819_15145027.jpg
a0198819_15152322.jpg
フェリーは九層構造で迷ってしまいそう。

a0198819_15171153.jpg
船内の免税店。物価はヘルシンキより安い。
a0198819_15182639.jpg
フェリーの先頭部
a0198819_15190788.jpg
船はバルト海を横断します。
a0198819_15193081.jpg
中は人・人・人 座席の確保は飲食スペースを使います。

a0198819_15203364.jpg
フェリー後方部・・スクリューの白波が立ちます。
a0198819_15210036.jpg
船内にはスロットマシンもあります。カジノスロット。
a0198819_15213040.jpg
たくさんの乗客でごった返しています。

a0198819_15221762.jpg
バルト三国、エストニアが見えてきました。
a0198819_15225705.jpg
こんなスケールの船は日本にはありません。




④へつづく










[PR]
# by yasu121928 | 2016-12-04 15:32 | Comments(0)

秋のヘルシンキ旅行記 ②

朝はホテルで朝食のサービスがあります。
これがなかなかGOOD!
下の写真を見てください。しかも美味しい!!016.gif
AIRPORT HOTEL PILOTTI なかなか良いホテルですよ。

a0198819_09311717.jpg
a0198819_09315828.jpg
ホテルがあるヴァンター市からは、毎日バスでヘルシンキ中央駅へ向かう事になる。
朝が遅い秋のヘルシンキ。
通勤や通学客に混じって街並みや郊外の風景を見ながらバスに揺られる時間・・・大好きです。
a0198819_09342223.jpg
郊外はこんな感じです。

a0198819_09335757.jpg
郊外にはこんなマンションがたくさん。
a0198819_09291328.jpg
a0198819_09324439.jpg
通勤客に紛れてヘルシンキ市内へ
a0198819_09332714.jpg
a0198819_09331384.jpg
ヘルシンキ市内へ入るとすっかり明るくなってきました。

a0198819_09380350.jpg
ヘルシンキ中央駅に到着
a0198819_09400304.jpg
a0198819_09385414.jpg
a0198819_09384296.jpg
本当に素敵なヘルシンキ中央駅
しばし写真撮影に夢中です。

a0198819_09394240.jpg
ヘルシンキ市内の貴重な足・・・トラムです
a0198819_09404724.jpg
a0198819_09410612.jpg
ヘルシンキ中央駅の構内です。
本当に素敵な駅ですヨ。


今日はヘルシンキ2日目です。
ここからトラムで港へ向かって、エストニア タリン行のフェリーに乗ります。
フェリーはシリアライン。
乗り方はまた別のページでご紹介しますね!

言葉なんかしゃべれなくても何とかなる!なる!
夫婦二人で楽しい旅行を続けます。012.gif

③につづく







[PR]
# by yasu121928 | 2016-11-27 09:53 | Comments(0)

秋のヘルシンキ旅行記 ① AIRPORT HOTEL PILOTTI

2016年10月19日

関空発のヘルシンキ5日間が、とってもリーズナブルだったので、妻と二人で行ってきました。
関空発のフィンエアー、当日は2時間前に行ったのに高校の修学旅行生と重なり、何とオーバーブッキング状態!
妻と並びで座れなかったのは初めての事でした。
時間までプライオリティパスで大韓航空ラウンジでゆっくりしました。
両替はクレジットカードが主流のフィンランドなので、たった3万円分をユーロに・・・。
10:45に離陸。

僕はアップグレードのエコノミーコンフォートクラスで窓側となりました。
機内は高校生で超満席・・・・。
それ以外、FINエアーは文句なし!
マリメッコデザインの素敵な機内でしたよ。

飛行機は関空を離陸後、琵琶湖の上空、北陸を通りロシアへ入ります。
窓から見下ろすロシアの地方都市が楽しみでしたが、どこまでとんでも茶色の陸地が続くだけ。
国土っていうのは大きければ良いってもんでもないんだね。
写真は琵琶湖上空。
a0198819_17052414.jpg
a0198819_17064951.jpg

途中2回の機内食(一回は軽食)アルコールももちろん無料でした。
CAさんも感じの良い方ばかりで、おすすめのフィンエアーです。
a0198819_17070966.jpg
a0198819_17072975.jpg

10時間以上乗った頃に、いよいよヘルシンキのヴァンター空港に着陸・・・初ヨーロッパです。
時差が6時間あるので14:55到着です。

a0198819_17081601.jpg
ターンテーブルがある場所。ここらに交通機関のキップ自販機があったと思います。
ここでヴァンター・ヘルシンキ利用可能な乗り放題切符を買うのがコツ。(別途説明ページあり)
a0198819_17090687.jpg
ヴァンター空港はハブ空港・・・乗り継ぎ客がとっても多いのです。
a0198819_17093174.jpg
空港を出ると多数のバスステーションが・・・路線番号を事前に調べておかないと難しいです。
空港行はエアポートと標示があるので簡単。
フインエアーの直行リムジンバスも走っています。
a0198819_17095844.jpg
まずはホテルに到着です。
格安旅行ですので、ホテルは空港近くの安宿です。
観光地が集中するヘルシンキ中央駅へは、市バスで行き来する事になりますが、これがいいのです。
一般市民に混じり、生活の風景を見ながら、本当の暮らしぶりや姿を見たい・・・海外旅行はいつもこれが楽しみなのです。
a0198819_17192001.jpg
ヘルシンキは秋・・・北欧の秋は寒いのです。 紅葉が素敵な風景の中を歩きます。
a0198819_17233787.jpg
a0198819_17235001.jpg
ヘルシンキはとっても治安が良いので、歩いてどこにでも出歩けます。
よほどの場所じゃない限り、夜も大丈夫だと思います。

a0198819_17251859.jpg
歩いて訪れたのは、近くにある巨大ショッピングセンターその名も「ジャンボ」
a0198819_17265196.jpg
ここで買うのはウィスキーとおつまみなどの食料品。
夜のホテルでのひと時のアルコールはこうやって調達しています。
マーケットをこうやって巡るのもまた楽しいんです! 夜食も買っていきます。

a0198819_17295772.jpg
a0198819_17301284.jpg
買い物かごをこうやって転がすのです・・・ゴロゴロ。
ミネラルウォーターは炭酸入りが多いので注意!
a0198819_17302443.jpg
ホテルに帰って、お酒を飲みながらゆっくりします。
格安ツアーにしては十分なホテルです。
ただただ・・・シャワールームが以上に小さい! こんなところでどうやって洗うんだ!!
そのほかは上々でしたヨ。 ホテルは「AIRPORT HOTEL PILOTTI」


②へ続く




[PR]
# by yasu121928 | 2016-11-19 17:36 | Comments(0)

ヘルシンキ空港からの移動 (ヴァンター空港) 交通機関

a0198819_22172764.jpg
ヘルシンキの空港に着いたら、すぐにわかる自販機で乗り放題チケットを購入するのがコツです。
英語表記の少ないヘルシンキ周辺を観光するのに、とても心強い味方です。

出国までの期間を考慮し、最終日に空港へ到着する時間までをカバーするDAYチケット(Vuorokausilippu:ヴオロカウシリップ)を購入するのです。
自販機の場合、レシートで出てきますので購入時点からスタートで24時間で1日です。
a0198819_22205069.jpg

デイチケットも2種類あります。
一都市だけのワンゾーンチケット(例えばヘルシンキだけ)やヘルシンキカード。
ヘルシンキに加えて、空港のあるヴァンター・エスポー、カウニアイネンのどこでも自由に公共交通を利用できる首都圏内チケット(Regional ticket)

僕がおすすめするのは、滞在日数分のRegional ticketです。
これを入国直後の空港で買ってしまえばよい。
荷物のターンテーブル付近に自販機はありました。
a0198819_22245620.jpg
これで空港に乗り入れている列車でヘルシンキ中央駅まで楽々入れます。
空港内の列車マークに向かって行けば簡単です。
FINエアーのバス代もかからないです。
列車は新しい車両でガラガラでした。
しかも快適で申し分なしです。(約30分)

a0198819_22273356.jpg
a0198819_22282089.jpg

この乗り放題チケットは電車・市バス・トラム(路面電車)・地下鉄全てに使える優れもの。
いちいちキップを買うのに意思疎通が不要なのが有難い。
しかもヘルシンキは英語表記がほとんどないので、乗り間違い、降り間違いなども仕方ないのです。
a0198819_22301791.jpg
自販機で買ったレシートタイプのDAYチケットは、電車・トラム系は見せる必要も改札もない。
どこから乗ってもOKで開閉ボタンを押して乗り、同じくどこから降りても良い。
バスだけは、乗る際に前から乗って運転手に提示する。
a0198819_22334621.jpg
a0198819_22344415.jpg
たったこれだけです。
ヘルシンキは歩いて回れる広さですが、それでもトラムなどに頻繁に乗り降りできるととっても楽なのです。
また、ホテルへも多少荷物はかさばりますが、欧米の方々も皆バスなどで向かわれていましたよ。
a0198819_22352267.jpg
a0198819_22364572.jpg
a0198819_22372292.jpg
そして最終日、中央駅からエアポート行の列車で最後の利用をするのです。
僕のイチオシのチケット購入法です。
a0198819_22314107.jpg
もう一つおまけです。
初日ホテルにチェックイン前に中央駅付近で動きたい。
最終日チェックアウト後に中央駅を起点に動きたい。
そんな場合に困るのが手荷物です。

中央駅の地下にはコインロッカールームがあります。
大きなスーツケースも大丈夫。
大きさで値段が変わりますが、ここに預ければフリーハンドですよ。
a0198819_22325365.jpg
a0198819_22385485.jpg








[PR]
# by yasu121928 | 2016-11-12 18:52 | Comments(0)

アウディ クワトロへの想い

アウディへの想いは20歳の頃・・・当時のアウディ80は僕の憧れの車だった。
あれから30年近くたって、僕にもアウディが所有できる時が来た。

初めてのアウディは3000ccのA4クワトロ。
ここで僕はクワトロ4駆の凄さを知る事になる。

自分の手足や目の一部の様に、自分のイマージ通りにワインディングを快走する気持ちよさ。

その後車はA6の3200ccクワトロへ。

そして先日、お役御免で僕のクワトロ人生は多分幕を閉じる。

先を見据えて経済性も考えようという選択。
老朽化に加えて、税金などもお高いので・・・。

それにしても良い車でした。
クワトロは最高。

a0198819_10044268.jpg






[PR]
# by yasu121928 | 2016-09-18 10:05 | Comments(0)

青春18切符で広島③

翌9月4日は、ホテルで早めの朝食を・・・。
その後は路面電車を使って宮島口まで移動しました。
広島駅からJRの方が早かったかなぁ?
a0198819_09150981.jpg
a0198819_09161328.jpg


そこからJRフェリーで宮島 厳島神社へ
JRのフェリーは鳥居正面まで回り込んでくれるから、ベストショットが可能。
a0198819_09163347.jpg
a0198819_09164294.jpg
平家・・ことに平清盛の厚い信仰と保護を受けた厳島神社にやっと来れました。
a0198819_09164690.jpg

a0198819_09165872.jpg
a0198819_09374430.jpg
a0198819_09180888.jpg
a0198819_09181480.jpg
a0198819_09185259.jpg
神前
a0198819_09190110.jpg
a0198819_09190598.jpg


天皇からの勅使が渡る橋
a0198819_09191044.jpg
宮島はみやげもの屋さんも鹿もいっぱい!(笑)


この後、宮島口まで戻ってJRへ
ひたすら三重に向かって走ります。

帰りは赤穂を回らずに最短コースをとります。
大阪からは環状線で鶴橋へ入り、近鉄特急でワープしました。
その分体は楽に帰ってこれましたよ。

青春18は、この年ではなかなかしんどい〜。



[PR]
# by yasu121928 | 2016-09-10 17:11 | Comments(0)

青春18切符で広島②

一度ホテルにチェックインして、夕暮れの街に繰り出します
通りは少し早い街灯がまぶしくてなかなか素敵でした。
広島の繁華街は規模が大きい! 深夜はすごそうです。
a0198819_09043731.jpg
迷った挙げ句、カニをあてに日本酒で酔う事に・・・。
なかなか粋な組み合わせです。
a0198819_09053525.jpg
a0198819_09050337.jpg
a0198819_09050977.jpg
a0198819_09094728.jpg
a0198819_09051695.jpg
その後はつけ麺をいただいてホテルに戻りました。
a0198819_09053044.jpg

続く






[PR]
# by yasu121928 | 2016-09-10 16:08 | Comments(0)

青春18切符で広島①

9月3日、4日で青春18きっぷを使って、三重から広島旅行を楽しんで来ました。
朝5時30分にJR六軒駅を妻と出発。
六軒〜亀山駅〜柘植駅〜草津駅〜姫路駅〜赤穂駅〜三原駅〜岡山駅〜福山駅〜広島駅と進みます。

しんどいけど楽しい・・・思い出に残るた旅になりました。

a0198819_13221240.jpg

JR西日本の見慣れぬ車両。
JR東海と比べて、JR西日本は断然親切!
長距離路線はちゃんと前向きのシートを用意してくれます。
顧客にどう向かい合ってるのかが、よくわかるJR各社です。

a0198819_13242530.jpg

カミさんも付き合いがいい。
今回は同行です。

a0198819_1325884.jpg

a0198819_13252425.jpg

赤穂浪士で有名な赤穂駅。
あえてこの路線を選びました。

a0198819_13261049.jpg

広島は路面電車網がすごい。
ひっきりなしに路面電車が行き交う大都会です。

a0198819_13273917.jpg

原爆ドーム。
欧米からの旅行者が多いのにも驚きました。

a0198819_13282755.jpg

この場所は特別な場所です。

a0198819_1329668.jpg

平和公園や資料館をじっくりと回りました。
欧米人の方が日本人より真剣に回られている気がして、嬉しかった。

a0198819_13301789.jpg

さあ、ホテルにチェックインして、食事にでも出かけよう。
都会です・・・広島

続く
[PR]
# by yasu121928 | 2016-09-10 13:31 | Comments(0)

近鉄 伊勢志摩ライナー

先日、妻と大阪からの帰りに鶴橋から特急に乗る事にした。
窓口で「向かい合わせシートしか空いてませんがよろしいですか?」と駅員さん
ぼくは「????特急指定席で向かい合わせシート???」「あっはい・・・」と答えたものの・・・。

ところがどっこいやって来たのは伊勢志摩ライナー!
しかも半個室のグループ向けサロンカー車両!!
すごいゴージャス! グリーン車なみですヨ。
こんな感じです ↓  ↓
a0198819_10325330.jpg

a0198819_10331028.jpg


しかも! 特急券をまじまじ見ても通常料金!! 
なんでやろ〜!
超快適な時間を過ごさせてもらいました。
皆さんも一度乗ってみてくださいな。
a0198819_10383072.jpg

[PR]
# by yasu121928 | 2016-09-08 21:39 | Comments(0)

ブランド時計の電池交換 三重松阪

時計が好きで、家族それぞれ数種類のブランド時計を持っています。
メンテナンスで一番困るのが電池交換。

巷のお店のほとんどは、ブランドものの交換はお断り。
やってくれる店があっても、所詮シロートで何をされるかヒヤヒヤです。

カミさんのエルメスは東京の代理店に送付しろ!との事で、びっくりす程に費用が掛かりそうでした。

そこで偶然、昔からある老舗の時計屋さんに持ち込んでみる事に・・・。
行ったこともなかったので、あまり期待もせずに・・・。(笑)

ところがどっこい! 中から現れたのは本場スイスで資格を取得された技能士・・・職人さんが現れたのいです。
値段の高いのは覚悟して相談してみたら、エルメス大丈夫ですよ!との事。
20万〜30万円程度までの時計なら普通に交換しますよ・・・しかも1000円で!

さすがにお詳しく、タイメックスはムーブメントがフィリピン製だとか、どこそこのブランドは安心だとか・・・。
要はムーブメントが全てらしいです。

早速、我が家の電池交換が必要な5本の腕時計を持ち込みました。

内、妻の一本は前に津の時計店で電池交換してるのですが、「おそらく素手でさわられていますネ」とうっすらさび付いた内部を見せてくれました。
おまけにケースゴムを咬ませてねじ込んであったようで、残念ながら再起不能でした。
電池交換の際にプロの目で、内部を点検してくれます。

やっぱり精密品は安易なショップでいじってもらうとだめですね。

でもでも、これで確かなお付き合いができますので、今後は安心です。
そんなこんなで、僕はまた新しい時計ツエッペリンを購入してしまったのでした。(苦笑)

普通に通り過ぎたら職人さんの店だとは気が付かないと思うし、無くなってもらったら絶対困るみせなので、ブログにて紹介しました。

ここは絶対のお勧めで〜す!!

時計・メガネのニシグチ

住所
三重県松阪市嬉野中川新町1-16

連絡先
TEL:0598-42-5978 FAX:0598-42-5978

アクセス
近鉄名古屋線 伊勢中川駅 西口出口徒歩3分
県道24号線松坂久居線中川駅西交差点角 駐車場有

営業時間
9:00〜19:00

定休日
毎週水曜日


URL
https://www.clubnets.co.jp/store/shopInfo/sid/a951982/ara/0524/kbn/2/tab/1






a0198819_9413088.jpg

a0198819_9414295.jpg

a0198819_9415489.png

[PR]
# by yasu121928 | 2016-08-21 09:45 | Comments(2)

青春18きっぷで松本へ 松本城

青春18きっぷを使って、長野県 松本への日帰り強行軍です。

朝、JR紀勢線の六軒駅を出発。
名古屋駅ではナイスホリデー木曽路に乗り換え。
なんと無事に窓側席に座れました。

塩尻まで快速で進めますが、快速と言っても名古屋圏内のごく一部。
後続の特急にどんどん追い抜かれて行きます。
でもボックスシートに前向きで窓際で座れるだけで幸せです。

a0198819_16333496.jpg
早朝のJR六軒駅

a0198819_16342701.jpg
名古屋からのナイスホリデーホリデー木曽路

a0198819_16345455.jpg
特急待ちの間に体を延ばします

a0198819_16364580.jpg
ナイスホリデーの車内

a0198819_16381089.jpg
車窓からはブドウ畑が

a0198819_16384062.jpg
塩尻駅からは松本行 普通列車に乗り換えです

松本駅に到着後は、まずはお昼ご飯。
名物「信州そば」をいただきます。
これは美味しかった!! ただただざるそばにしておけば、もっと味が確かめられたのに!
その後は市街地を散策しながら松本城に向かいます。


a0198819_16415904.jpg
a0198819_16422162.jpg
松本駅 駅前

a0198819_16450256.jpg
a0198819_16452882.jpg
駅前のお蕎麦屋さん、とっても混んでました



a0198819_16424931.jpg
a0198819_16431111.jpg
市街地を松本城へ

a0198819_16434441.jpg
う〜ん この通りの名前を忘れてしまいました。おみやげ通り


いよいよ今日の目的地である松本城へ
白鷲城と云われる姫路城に対して、松本城は烏城と呼ばれています。
その存在感、威風堂々素敵な姿でした。


a0198819_16490536.jpg
a0198819_16493210.jpg
a0198819_16500269.jpg
a0198819_16502102.jpg
a0198819_16503773.jpg



[PR]
# by yasu121928 | 2016-07-31 23:25 | Comments(0)

京都宇治 平等院へ

京都宇治観光の一つ・・平等院鳳凰堂
あの十円玉に描かれている寺院だ。

小学校の修学旅行以来だから、40年ぶりか・・・。
藤原氏の栄華を物語る寺院でどの宗派にも属さずに、藤原氏の寺院なのだ。

内部の拝観も出来たのだが、長蛇の列・・・今日のメインは「源氏物語」・・あきらめました。

a0198819_10204718.jpg

a0198819_10224850.jpg

a0198819_102330100.jpg


源頼政の墓・・・平家追討の烽火をあげたが、この地で自刃
a0198819_10251869.jpg

[PR]
# by yasu121928 | 2016-07-16 22:13 | Comments(0)

宇治 三室戸寺

宇治へ行って偶然に三十三番札所に遭遇。
三室戸寺・・・行ってきました。

観世音菩薩を本尊として天皇の帰依も深いお寺だったそうです。
西国10番札所。

蓮の花がとっても美しい。
印象的なお寺でした。

御朱印用の掛け軸を持って再訪予定です。

(ごめんなさい お寺の画像は後日です)


a0198819_09473804.jpg
a0198819_09474353.jpg
a0198819_09475537.jpg
a0198819_09480016.jpg





[PR]
# by yasu121928 | 2016-07-16 19:40 | Comments(0)

三河 岡崎城へ

何十年ぶりかで岡崎城へ・・・。
天守閣内をゆっくり回る事ができました。

三河の徳川領内にそれほど興味はないのですが、なかなか立派ないで立ちでしたよ。

a0198819_10552241.jpg

a0198819_10553736.jpg

a0198819_10555188.jpg

[PR]
# by yasu121928 | 2016-07-10 23:50 | Comments(0)

三重へのドライブならココ!

地元三重に住んでいます。
東海圏内から日帰りとか一泊で自家用車なら、おもしろい回り方ができます。

僕は観光関係の業者じゃないから・・・
純粋な三重県民だから・・・

本当の面白さが伝えられます!
はい、自信あり。


まず、普通なら伊勢志摩を目指すルートです。

庶民的に・・そして志摩らしく泊まるなら、鳥羽とかじゃなくて、もう少し先の大差(おおさつ)ですよ。
海の幸なら、鳥羽も伊勢も浜島も二見もあきません。
大差・・・しかもコノエリアでさらに選ぶ事が本当はもっとも大事です・
僕のお勧めは、言いません・・ごめん。 大事にしてますので。
大差は休日のお昼も楽しめるんです。じつは・・・。
船盛りコースで5,000円で豪勢なもんです。

観光地はといえば、まずは二見に参拝し、外宮・内宮.....そしておかげ横丁。
ここはてっぱんです。

一泊二日ならそんなに回れない。
逆に伊勢志摩をこれくらいにして、名古屋方面に戻るのも正解。

僕のお勧めは「斎宮歴史博物館」
ここはいい!!
天皇の娘さんが天皇の代りに伊勢神宮に祈る。
これは京の都の歴史。
ここを訪れる価値は大きいです。
絶対のお勧め・・・斎宮です。

それから少し戻って、松阪で食事もおすすめです。
焼肉なら、和田金・牛銀・海津などの高級店もありますが・・・。
庶民焼肉「一升瓶」などのホルモン焼肉店もあります。
いまではこっちの方が有名。
庶民の焼肉って言いますが、高い!高い!(笑)

松阪は「松阪城」「松阪商人」「宣長」「三井家」と結構おもしろいのです。
近江商人か松阪商人か?ってね。

伊勢屋とか・・時代劇でもあるでしょ?

三重へのドライブ。
引き続きまた・・・紹介しますね!!!
[PR]
# by yasu121928 | 2016-06-05 21:24 | Comments(0)

JR名松線

家城から奥津区間が台風で不通になってから何年も復旧することなく、もう廃線だと思われた名松線がなんと復活。
もともと鉄道マニアからは人気のローカル線だったらしいが、実際に乗る人はまばらである。
巨額の復旧工事の末に再開したのだが、複雑な思いが僕にはある。

まあ、それはともかく・・・。
再開から観光客が詰めかけ混雑するまさかの展開。
僕が乗った日はなんと紀勢線を走る別車輌が投入されていた!

伊勢奥津までの車窓は素敵な風景だったが、終着駅での観光スポットがもう少し充実していると、これはこれで価値があるのだが・・・。
市の方の努力も良く表れているのだが、やはり民間の力が必要だと感じました。

a0198819_07542560.jpg
a0198819_07544456.jpg

a0198819_07552430.jpg
道の駅への巡回バスに乗って


a0198819_07554393.jpg
こんな素敵なお店がありました






[PR]
# by yasu121928 | 2016-05-01 22:46 | Comments(0)

明和 朝田寺の牡丹

朝田の地蔵さんと呼ばれている明和の朝田寺へ行ってきました。
この辺りでは、親族が亡くなるとその人が生前に着ていた服を持ってこの寺へ参ります。
この寺の天井には多数の衣服は掛けられていて、いつも独特の雰囲気がします。
地蔵菩薩のご本尊。
ここの住職の回向は心に響いた・・そんな記憶があります。

ここは牡丹で有名なのですが、すでに時期が終わっていました。
年々早くなっているようです。

a0198819_115426.jpg

a0198819_116168.jpg

a0198819_1161537.jpg

a0198819_116311.jpg

a0198819_117676.jpg

[PR]
# by yasu121928 | 2016-04-30 23:58 | Comments(0)

家族で道後温泉

長男がこの春大学を卒業して就職する。
家族五人がこれから先なかなか一緒に旅行する機会もないだろうと、家族旅行を愛媛県まで楽しんできた。

貧乏な我が家にしては

a0198819_15445446.jpg
a0198819_15451563.jpg
a0198819_15460426.jpg

a0198819_15463936.jpg
a0198819_15471086.jpg
a0198819_15473178.jpg
a0198819_15481593.jpg
a0198819_15485076.jpg
a0198819_15490656.jpg
貧乏な我が家に電車の旅はかなりの贅沢。
三重の伊勢中川駅から大阪まで近鉄特急で、新大阪からは岡山までのぞみ。
そおからは松山行の特急 しおかぜ です。
瀬戸内の素晴らしい景色の中を松山到着です。
a0198819_15493999.jpg
a0198819_15495386.jpg
そこから路面電車に揺られて道後温泉に付きます。
ホテルなフグ料理で有名なKKR道後 ゆづき・・温泉の泉質も抜群です。
a0198819_15514405.jpg
a0198819_15520262.jpg
a0198819_15522179.jpg
a0198819_15525635.jpg
a0198819_15532619.jpg
a0198819_15534137.jpg
a0198819_15550582.jpg
a0198819_15544231.jpg
a0198819_15552222.jpg

道後温泉はとにかく商店街に活気があって、どのお店も美味しいのです。
a0198819_15562156.jpg
a0198819_15565358.jpg
お土産なんてだいたい味が決まってるようなものですが、道後のお土産は違う!
賑わうはずです。
a0198819_15572499.jpg
a0198819_15574063.jpg
a0198819_15575792.jpg

2日目には道後本館の湯にも浸かってきましたよ。
a0198819_15582230.jpg
千と千尋の神隠しの題材になったといわれるだけある、何とも言えない雰囲気を持った建物でした。
a0198819_16000575.jpg
a0198819_16003260.jpg
a0198819_16010126.jpg
a0198819_16012116.jpg
家族にとってもう二度とないかもしれない、思い出にする一泊二日だったのでした。
おばーちゃんは車窓の景色にかぶりつき・・・親孝行もできました。




[PR]
# by yasu121928 | 2016-03-20 22:36 | Comments(0)

仕事ついでの東京へ

仕事ついでの東京巡り。
a0198819_10344410.jpg

無料で展望台に上がれる都庁より

a0198819_10342424.jpg

九段の靖国神社へ

a0198819_10304918.jpg

浅草・・・仲見世です

a0198819_1030361.jpg

う〜ん、いい味出てますね!

a0198819_10301270.jpg

ご存知、雷門

a0198819_103531.jpg

アキバはメイド姿の女の子とそれ目当てのニヤニヤ顔のおにーちゃん。

a0198819_1035437.jpg

東京のイチオシ風景です。
[PR]
# by yasu121928 | 2016-03-15 21:27 | Comments(0)

熊野三山 那智大社


和歌山県の那智大社へ。
これで熊野三山を全て踏むことになる。

日本は神仏という二つの信仰対象が仲良くしている。
日本人らしいね。

a0198819_10532866.jpg

a0198819_10534675.jpg

流石に参拝客が多いです。


a0198819_10541735.jpg

朱塗りの本殿へ


a0198819_1054338.jpg

西国三十三番の1番札所「青岸渡寺」が同在しています。

a0198819_1121391.jpg

いにしえの装束が風景を変えます

a0198819_10551761.jpg

那智の滝・・スマホ撮影
[PR]
# by yasu121928 | 2016-03-12 22:50 | Comments(0)

潰れるべくして・・



このブログを始めたのが2011年の1月・・・5周年。
ブログを始めるきっかけになったのは、当時勤めていた会社を辞めた事が大きい。
介護事業を担当する部の責任者としてがんばって来たが、色んな意味で思うことが多かった。
そんな法人が5年を経て存続の危機に瀕している。
もはやこの危機は切り抜けられない。
世間はそれ程甘くないでしょう。

5年前、僕は自分自身の見識や判断、それに分析力に絶対の自信を持って退職した。
いつか行き詰まる・・こうなるだろうと正直予見していた。

そして退職して2年を過ぎたころだっただろうか・・・僕は別の疑問を持ち始めた。
もしかすると彼らの考え方ややり方が正解ではなかったのか・・・。
大きな事業の経営者や政治家など大物が活躍する世界では、これぐらいの事をしなきゃやっていけないのかも。
ごく普通のことなんじゃないか?
僕は彼らを尊敬しなきゃいけないんじゃないかと・・・。

そして5年後。
高額な預託金の不正流用。
関連法人への不正融資。
短期貸付金は長期貸付金で預託金、その後百五銀行経由で迂回融資。
民事再生法の適用を申請。
公益財団認定取り消し勧告。
本当に驚きの連続でした。
僕はその法人や経営陣に恨みとか憎しみとか全然ありません。
でも返してやってくださいね。
人の金で相撲取り逃げしたらあきません。
ひとりひとりの高齢会員さんの顔浮かんできませんか?
僕は恨みは全然ありませんけど、あの人達は恨みますよきっと・・・。
ちゃんとやらんとあきません。

今回僕があえてこれを取り上げたのは、この法人の行く末がもう決まってしまったから。
5年前の僕の自分自身の見識や判断、それに分析力がやはり正しかったのだという「結果報告」が、どうしてもしたかったのだ。

下に5年前に僕が書いたブログがある。
題名は「カダフィー大佐を探せ」
このブログに僕が書いたのは、ここら辺の事なのです実は・・・。
そう思って読んでいただくと、実によくわかる。

我の先見力確かなり。



「カダフィー大佐を探せ!」 2011年3月



リビアのカダフィー大佐をご存知か?

中東なのかアフリカなのか、微妙なところですが・・・。
今日は彼を題材に「痛烈に」僕の身の回りを語ってみたいと・・・(苦笑)
中盤から、我々の身近な問題に切り込んで行きますので!
政治がキライな方も、どうかよろしく♪

ただし・・
hotでやさしい僕の文脈がお好きな方は、どうぞココでおやめください。
それから、僕の生き方にそぐわないなって、普段から思われている方・・・これも読むのはご遠慮ください。(笑)


カダフィーさんて言えば、独裁者。 美女(愛人?)のナースを付き添わせて、我々男性陣の成功とだぶらせてくれたりします。(笑)

独裁者が居座る国家といえば・・・例えば北朝鮮。
独裁者のお決まりで、最高権力、名声、富、武力など、その全てを手に入れようとします。
織田信長は、自分を神と考えて欲しかったっていう「説」もあるほど。

独裁者は、わかりやすい言葉で言えば「王」なりたい。 もっと言えば「神」になりたい。
信仰し崇められる存在になりたい。
オ◎ム心◎教の麻◎さんはどうだったでしょう?
キムジョンイル氏はどうでしょう?

キムさんは、「偉大なる将軍様」とかが定番で、いかに最高権力の位にこだわっているかが、よくわかりますね。

そこで。
カダフィー大佐はというと・・・
ここが不思議なところなんです。

航空機爆破などのテロの首謀者。
最近、いきなり罪を認めて、テロ指定国家解除。
徹底的な弾圧による権力の行使は、他の独裁者と同じです。
デモにも、一切の容赦なく自国民を殺害した。

彼の不思議さは・・・なぜ大佐なのか?(笑)
将軍でも大統領でもいいのにな・・・(笑)
大佐って・・・不思議だね。 でしょ?

それから・・・
エジプトのムバラク大統領など、民衆のデモの規模や勢力に圧倒されて、次々に譲歩・・懐柔策を小出しにして崩壊する独裁国家が頻発する中、彼は譲歩しない。
それが、いずれ自身の破滅につながる事を知っているから。
ある意味。臆病者でも彼は状況判断が出来てる。 「中途半端にね」

この中途半端に「出来る男」が招く悲劇・・・。
これは彼以外のその他大勢にとっては、究極の「悲劇」なのです。
彼の判断がある程度確かな事で賢く立ち回るから、リビア国民にとって最悪の今の環境が延命されるのです。
そして、それこそが大勢の人々にとって最大の悲劇なのです。


さあ! 身近で探してみましょうか!!(笑)

貴方がお勤めの会社の社長さんはどうですか?
貴方の部門の責任者はどうでしょう?

アホならアホでいい。(笑)
中途半端な賢さは、本人には多少のプラスでしょうが、周りは大迷惑なんですよね。
ころぶ時は素直にころんだ方がいい。
だいじょうぶ! 転ぶ前にはちゃんと声掛けるからと言っといて、大転倒して脳挫傷ならどうします? もう少し賢いと損害賠償請求してきたりする。(笑)
いつかは「正義」が勝つのですが、50年後に勝ってもしかたない。
50年間も悪の世で、我慢する事になるのですから・・。

皆さんも自分がやっている事が、「プラスである」って、自分の中だけの確信があっても・・・
その貢献が、組織や会社にとって、ただの「延命」だけにしかならなかったら、どうします?
大丈夫、この注射で絶対助かりますからって・・・うそを言っているだけだったら・・・。

それって、皆のためだろうか・・・

カダフィ氏。
側近の取り巻きがどんどん逃げて行って、どうしたと思います?
「逃げてくような事をしているから、皆逃げていく」って事に気付かない不幸。
良いことを、普通にちゃんとする・・それだけでいいのにな・・。
他人に逃げられて・・
信じられるのは、身内だけ・・・
北朝鮮でもそうでしょ?
身内で固めるしかないんです。 身内は裏切らないから・・・
そんな目で見てると、取り巻き全部が裏切りそうに見えてくる。(苦笑)
こうなるともう悪循環ですよね。
そのうち、身内も信頼できなくなって、兄弟姉妹同士で争いが起こったりするんだよ。
戦国時代がそうだったでしょ。

つまり、そうなったなら・・戦国からひとつも進化してないってことですね。


最後は自分だけしか信じられなくなる。
誰かを疎外する事で他の仲間が結束する・・・村八部方式
問題児を排除すると、普通だった人が次の問題児として疎外される連鎖・・・浅間山荘方式(日本赤軍)
取り巻きが、疎外されるのを恐れて、正確な情報を伝えなくなる。気に入られる事だけしか伝えない・・・裸の王様方式

この三番目が一番問題。
素っ裸の王に素敵なお召し物ですね!と皆が讃える。
情報を意図的に絞られたり、コントロールされてしまう。
これでは、王様は正確な判断はできませんよね。

王様も、その人格に高さを求められますが、それよりも大事なのは、それを取り巻く人材。
ここにかかってますよ。
小さいフィールドでしたが、僕が事業所などを運営させてもらってた法人では、僕の下についた部下が良かった。
これに尽きる気がします。 ひとりじゃないよ。 最低でも3人は必要ですね。
それでさえ、報告を受ける時に、かいつまんだ報告じゃなく、「耳にしたそのままの言葉と強さ臨場感でしゃべって!」とか、何度も言ったものです。
部下にまとめられてしまうと、部下の主観が混入するでしょ。
それから、部下の理解した内容に「勘違い」や「思い込み」が入ってしまう事が多い。
トップは正確な状況判断ができなくなるんです。
僕の場合、この点にすごく細かくこだわりましたよ。

皆さんが今、働いてらっしゃる貴方の会社ではどうでしょう?
大きな会社で、基盤がしっかりしていれば、陣取りゲームだけで何の問題もないでしょうが、小さい会社で3つとも当てはまれば、無くなりますよその会社。

こんな問題は、職員2人や3人がどうしようと思っても、どうにもなりません。
さよならは突然に来るのです。

そうならないように、良くしていくように・・・どうにもならない経営者や勢力と戦うのは、全員の総力しかないでしょう。
そして、抜きん出て強く有能なリーダーの下でなければ、それは不可能だと思いますし、そんなのに付き合う暇な有能者はなかなかいないと思います。

ダメな権力者ほどいいって言うのは・・・・
下々に危機が伝わりやすいから。
権力者を部下が修正しやすいから。
権力者に取って代わって、組織を刷新しやすいから。

権力者がアンバランスに賢いと、これ最悪の結果を招きます。

ご覧の皆さん。
貴方が一般社員なら、そんな目で上司や会社を見てください。
責任者の立場なら、自分はどうなのか? ない能力を有る様に見せかけていないか?って見回してください。
貴方がもし経営者で、自分が今までの話に「当てはまるな!」って、思われるなら、迷わずに社長の座を去ってください。

きついようですが、貴方の内面的な問題や欠陥で、大勢の人が路頭に迷う。
こんな事はあってはいけません。
いい迷惑でしょ。

それぐらいに自分で感じて、覚悟を決めて仕事していって、ちょうど良いぐらいですよ。
役職者の方々は、ご自分がそんな立場にあるって事、絶対忘れちゃいけませんヨ。

自分のブログ・・・言いたい事言える場なので、好き放題言いましたが、世間ではこんな自分の意見は一切封印してるんですよ!

あ・し・か・ら・ず。(笑)




[PR]
# by yasu121928 | 2016-02-07 17:14 | Comments(2)

永平寺

息子の運転で、福井県の永平寺に行ってきました。
曹洞宗の総本山、ここの修業は厳しい事で有名なのですが、あの寒さの中は僧侶は皆はだしでした。
僕たち靴下でもしびれる程だったのに・・・。

雪の永平寺・・・素敵です。
a0198819_17421917.jpg

a0198819_17425478.jpg
a0198819_17434903.jpg
a0198819_17441520.jpg



[PR]
# by yasu121928 | 2016-01-31 17:22 | Comments(0)

2016初詣 東寺へ

JR関西線を使って、京都の東寺へ初詣に行ってきました。058.gif
真言宗 弘法大師のお寺ですから、我が家にはぴったりです。

a0198819_10463821.jpg

a0198819_10465259.jpg

a0198819_1047741.jpg

a0198819_10471861.jpg


京都駅前のイタリアンレストランで昼食!
a0198819_1048552.jpg

[PR]
# by yasu121928 | 2016-01-03 23:40 | Comments(0)