<   2011年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ラブラドールの家出

我が家には、ラブラドールのRARA、ビーグルのKIKI、コーギーのNATSU、と3匹のわんこがいます。

一番賢く、従順なRARAが、以前家出をしました。
ちょっと、考えられない事です。
よほど、ストレスでも溜まっていたのでしょう。

探しても見つからず、保健所や方々に連絡しました。

翌日、保健所からTELあり。 保護されましたとの事ですぐ引き取りにいきました。

RARAとの対面。
檻の向こうにいるRARAと目が合いましたが、僕もRARAも反応なし。039.gif
RARAなのかどうなのか? RARAも反応なし。
RARA!と声を掛けても、反応がない・・・。025.gif

5秒位してから「ハッ!」と気が付いたように寄ってくるRARA。
この空白の5秒。お互いの距離や関係が、少し離れてしまっていた事を物語っていますね。
もちろん、その後は飛びっきり嬉しそうな顔してましたヨ!(笑)056.gif
a0198819_15401397.jpg


帰りに保健所の方が・・・。
「ものすごく賢い犬ですね。 散歩をさせたんですが、感じました」と・・・。001.gif

ちょっと嬉しい言葉でした♪ 保健所の方、ご迷惑をかけました。


[PR]
by yasu121928 | 2011-01-31 15:41 | Comments(0)

吉田拓郎と中島みゆきを聴いています

今、2人の唄を聴いています。
僕の一番好きな唄、「永遠の嘘をついてくれ

これは、中島みゆきがつくり吉田拓郎に贈った唄ですね。
この唄にはドラマがある。
ネットで拝見していろいろ知ったのですが、やはり中島さんは吉田さんがすきだった。
大御所吉田さんも、大御所ゆえに悩み時代だけが過ぎていく。
そしてそれに取り残される自分を、一番きらいだったのも彼でしょう。
時にあらがう。
他人に曲作りを頼むとは思えない彼が、頼った相手。 中島さんですね。

この曲が届けられたのは、吉田拓郎がバハマへ出掛ける数時間前とか・・・。
見えてくるものがありますね。

彼女がこの唄を贈った気持ち。僕には何通りか思い浮かぶんですが、みなさんはいかがでしょう。

まずは、聞いてみます? つま恋2006での競演、ユーチューブにUPされています。
さて、観てみましょう。 いいですよ!!
http://www.youtube.com/watch?v=Mz7wwq1RCtQ&feature=related
(アドレスに貼り付けて観てネ。 ちゃんと戻ってきてよ!(笑))



<歌詞>
ニューヨークは粉雪の中らしい
成田からの便はまだまにあうだろうか
片っぱしから友達に借りまくれば
けっして行けない場所でもないだろうニューヨークぐらい
なのに永遠の嘘を聞きたくて 今日もまだこの街で酔っている
永遠の嘘を聞きたくて 今はまだ二人とも旅の途中だと
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ

この国を見限ってやるのは俺のほうだと
追われながらほざいた友からの手紙には
上海の裏街で病んでいると
見知らぬ誰かの下手な代筆文字
なのに永遠の嘘をつきたくて 探しには来るなと結んでいる
永遠の嘘をつきたくて 今はまだ僕たちは旅の途中だと

君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ 一度は夢を見せてくれた君じゃないか

傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく
放っておいてくれと最後の力で嘘をつく
嘘をつけ永遠のさよならのかわりに
やりきれない事実のかわりに
たとえくり返し何故と尋ねても 振り払え風のようにあざやかに
人はみな 望む答だけを聞けるまで尋ね続けてしまうものだから
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ 出会わなければよかった人などないと笑ってくれ

君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ 出会わなければよかった人などないと笑ってくれ



彼女の現実味あふれたストレートな気持ちと、彼に対するメッセージ。伝わりましたか?


男は弱いねェ。女は強い。
男は上り調子には強いけど、下り坂はめっぽう弱いからね。
女は下り坂でも、こらえる強さがある。
中島さんほど、繊細なひとでも、それでも男より断然強いもんね。

僕も仕事なんかで、下り坂で落ち込んでしまう事がよくありました。
そんな時、「ぐぐっ!」って引っ張り上げてくれたり、天然の陽気さで笑ってくれる女性達がいたのです。
何度助けられたことか・・。

だからね。所詮男は(僕は??(笑))大きな風呂敷を持った人の中でしか、その能力を発揮できないって事です。

女は強い! 偉い!! すごい!!!


a0198819_13275372.jpg



これだけ言っておけば、いいでしょう・・・・・・・・(笑)
古儀 泰司
[PR]
by yasu121928 | 2011-01-31 13:28 | 心に残る名曲 | Comments(0)

職場の人間関係に悩んだら(激バージョン)第4章

(第一章から読んでくださいネ)

所長N氏に、日本酒一合。 飲み干すにはそう時間はかかりませんでした。

「さっきの乾杯やけどなぁ~。」
はじまった・・・・・・。 そりゃ怒るわなぁ・・・・。

「味噌もクソも一緒にしたらあかんでー!!!」
「おまえなぁ。何様や~!!」

ってな調子で・・・一同シーン・・・。
で、子供のTリーダー君は、今までお叱りを受ける事なく、すき放題させてもらってきただけに、どう対処してよいのかわかりません(笑)
かといって皆の手前、ぼろくそに言われてあやまったでは、面子がたちまへん。um、um。

当然、すねていなくなったりします。(笑)

宴には、課長・係長もいました。
彼らは、Tくんの日頃や今回の件でも明らかにT君に非があることを承知で、「今まで好きなことを言ってたからあかんのや!」とかつぶやいてましたね。

これで、一見落着とはいかない。 ガキの集団(失礼!)ですから。
ガキのなかには、すねて席を離れたT君をフォローするものいます。

a0198819_22241451.jpg



今、潮が流れています。 どっち向き?
風が吹いています。 風向きは?


この後、風向きが大きく変わったのです。
もちろん、変わっていく風向きを、しっかりと僕も肌で感じていましたが・・・。
一度変わりはじめた風は、もうどうにも止まらない。

具体的に言うと、料理の片付けられた広い部屋の片側に、T君とその他大勢。
それだけではありません。 あんなこと言ってた課長や係長も座っているのです。
冷静に見てた僕はホントに、人間の浅ましさみたいなのを感じましたよ。

部屋のもう片側にはN所長1人。(笑)

その絵を想像してみてくださいな。(笑) そこまで極端に・・・(笑)

そして、広い部屋の片側にN所長を除く全員、反対側にN所長一人。
そして、その中間に僕一人。(笑)

この流れを紐解いてみると、人は強い方へ流れる。
強いのは人事権のある所長では??
いえいえ、こんな世界は現場が言う事を聞かないと、管理職tぽいえど一瞬で失脚するのです。
それをわかっているからこそ、課長も係長も他のリーダーも鮮やかに掌を返したのです。
あれだけ言っておいてから、掌を返せるのが職制たる由縁で能力なのです。 ここでは。

さてさて、私小一社員は難しい立場に置かれました。
ホワイトカラーの職場なら、もう少し動かし方があるのですが、ここはちょーブルーカラーの兄ちゃんの集まり。
彼らの中間に座ったのは、私の主張です。
別に流れに任せても、恨まれる事もなかったと思います。 20名以上が同じ行動をとっていましたから。
でもね。 主張したかったんです。 だれもいなくてもね。
たしかにN所長も大人気ない。 それは確かです。
でも、あの場面は確実にTリーダーに非あり。 
もちろん、せっかくの社員旅行。 仲良くやってほしいという思いもありました。

結構、すごい光景でしたよ。
情けないなってね。 人がその本能だけで動くとこうなるんだって思いました。
よかった。 正義も理想も、それから調和も失っていない人間で・・(笑)

もう一つ。
僕がした「中間の主張」
それは、N所長以外の全員から見れば、明らかに敵対的な主張だったと思います。
では、なぜそんな冒険を犯したのか?

とっさに、かってにやってたっていうのもひとつ
こんなのは人としておかしいっていう主張もひとつ
何とか両方をつなぐ「糸」をつないでおきたかったってのもひとつ

それから、こんな気持ちもあったと思うんです。
「僕が中間に座るという意思表示をしても、この大勢の彼らは僕を攻撃できないだろう」ってね。
吹けば飛ぶような平社員の私ですが、こんなくだらん事で首になるのはゴメンだし、仲間はずれにされても、かないません。
でも、そうはできないだろう・・・という打算は間違いなくありました。

ホンマくだらん話だと思いますが、徳川と豊臣の関が原前にはこういう構図が、日々繰り返されていたわけで、結構人の生死を分けたりします。

サル山の大将もこういう戦いが付き物ですね。
彼らは生き残るための、必死の観察と判断でその集団で地位を得ています。
食も住も安心も得ているのです。

だからなめたらあきません。
こんなにあからさまに、サル山の様に明快な絵を見る事はなかなかできません。
徳川家康なら夜動き、心に潜りますからね。

生き物の本性がここにあります。
後はわれわれが、知性や理性、義、生き方と言ったもので、尊敬してもらえる様な姿になるしかないんです。

この本性は、だぶん誰もが持つもの。
どんな高貴な方も、全部はいだら同じだと、僕は思います。
この根底を絶対に忘れずに、相手を観察し自分を主張していく事で、解決する事がたくさんある。そう思うのです。

あくまでも僕達下級の凡人の考える話なので、高等な方は気にしないでくださいネ♪

もっともっと言いたい事があるのですが、疲れたので今日はこれ位で・・・。

古儀 泰司 でした060.gif
[PR]
by yasu121928 | 2011-01-30 22:25 | 仕事系カテゴリはこちら! | Comments(0)

職場の人間関係に悩んだら(激バージョン)第3章

失われた10年・・・(笑)
こう書くとその会社の人らが見たら激怒でしょうね。(笑)
でも、書かないと伝わらない。
悪意はまったくないので、どうかご容赦を!
アホが何か言ってるって、どうか思ってやってくださいまし。

とある大手の企業の物流下請けのような会社。請負っているわけです。

僕にとって初めての現場。 現場は苦手なんですヨ(苦笑)
8時半に始まって、10時の時点で1万歩は歩いていましたね。
最初は足がしんどくて..でも強くなりましたよ。
フォークリフトなんて、乗ったこともなければ現場の気の荒い若造どもとも仕事したことなかった。004.gif
それでも、なんだかんだで慣れ、若造社員のやつらと楽しくやっていました。
上が大手企業だから、効率なんて関係ない。
いかにだらだらやって、会社の収入を増やすか?(笑) この時点で変でしょ?
大手ってそんなもんなんです。

トラックの運ちゃんや、派遣のラインの子、荷捌きの男達。
みんなそれは気は荒いわ!
当然、職場の人間関係っていうと、若造どもに僕も紛れて1集団、所長をはじめとする管理側といった構図となって、その溝は恐ろしく深いのです。
給料もらわなきゃいけないから表面上は言うことを聞いていますが、他ではけちょんけちょん。
管理側はと言えば、人は駒ですから、代替だけ人数そろえばやめていっても問題ないといったレベル。

どうです? だんだん簡単な図式になってきたでしょ!(爆笑)
そんな中で十年も遊んでたんですよ。僕。 よく元の世界に復帰できたもんだ。(笑)

そんな中でも、ある時期「体温型の親方」みたいなおっさんが所長になりました。
細かい気はまったくつかない人で、管理には似つかわしくない方(すみませ~ん)でしたが、なんかあったかい「人!!」って感じのよさはありました。 この人をN氏としましょう。

リフトマンの中にも、う~ん...子供みたいなんですが、自我を通す。そしてそれが許されているようなリーダーがいたんです。 好き勝手+影響力がある+上司が何もいえない=彼
もちろん、彼にも器があったから、だれも(所長も)何も言えなかったんでしょう。
彼は、正直僕には少し気を使っていました。
この彼をT君としましょう。

ある時、社員旅行に行こう!と・・・。
伊勢志摩の海の旅館に皆で出かけました。
大騒ぎだけは大好きなやつらばかりで、楽しみにでかけたんです。

夜。 料理が運ばれビールが運ばれ・・・。
乾杯の前、さあ所長N氏のあいさつです!
N氏があいさつをしようとしたその瞬間、Tが「かんぱ~い!!!」068.gifとわざと始めてしまったんです。
T君にとっても、一種の若者の「ノリ」だったわけで、他意はなかったんだとも思います。
彼も今晩宴会ではじけ様と、楽しみにしていましたからね・・・。 子供ですから、勢いあまったんでしょう。
これは、問題外ですが・・・まあそのレベルなんです。

その流れで、皆が飲み始めてしまい、一時はそのまま宴が進んだのです。

N氏が日本酒を一杯飲んだ頃に、ついに事件は始まったのです。014.gif

(どう? しょーもないでしょ? 頭の良い人は読まないでね。 忠告しましたからね!(笑))
(あまりに長いので、第4章に引継ぎます)072.gif

古儀 泰司
[PR]
by yasu121928 | 2011-01-30 17:49 | 仕事系カテゴリはこちら! | Comments(0)

映画 リービング ラスベガス

今日は久しぶりに映画を見たよ。
ゲオが安いとかなんとかで、何本か借りてきて・・。
その内の1本「リービングラスベガス」

ニコラスゲージ主演で、確かアカデミーの主演男優賞をこれで取りましたよね。
実は前に観た事があったんです。
その時の印象は薄く、あまり残っていませんでした。
アル中の男と娼婦の女の破滅に向かった物語。

でもでも、今回観てすごく印象に残りました。
絶対、忘れないと思います。
同じ映画を観ても、自分自身の受け入れ方が、ほんの少し成熟するだけで、こんなにも違った物になるのですね。

自虐的で一見単調なストーリーの中に、アル中と娼婦の2人の中に見え隠れする、まっさらくらい純粋な心。
LOVEよりNEED。
たった一つ求めているだけなのに・・・ホントせつないです。

ちょっと衝撃的で怖くなるくらいの映画ですが、だからこそピュアなところが「きらっ!きらっ」って光るんですね。
よかったっす。ハイ。

あの女優さんも、素敵だったな~。
僕はすぐ感情移入するからいけません。(反省)

そうそう、職場の人間関係(激バージョン)の第3章を書かなきゃ!
すみません。 まったりしてまして、1時間ほどお時間を・・(笑)

古儀
a0198819_1793626.jpg

[PR]
by yasu121928 | 2011-01-30 17:09 | Comments(0)

職場の人間関係に悩んだら(激バージョン)第2章

せっかくの全国規模の成長著しい食品会社をやめ。
一生底辺、そのかわり会社が終わったら一切忘れて、自分を楽しもうと決めました。

それから、縁あって入った物流の会社。
賞与なんぞは、3分の1にさがりましたが、それは良し。
フォークリフトなんぞも乗って、でもそれなりに心が楽で良かったのです。
ただ、平社員の僕の上には、主任も係長も課長も取引先もいます。

与えられた仕事だけしていけばよい。
最初は、その姿は喜んでもらえ、ある意味特別待遇であったと思います。
当然、若い同僚もいっぱいいます。

彼らは、それぞれ悩み、会社の不満や上司への不満が溢れんばかりです。
僕はドライ。 でも、その僕から見ても、明らかに明らかにおかしい上司の仕事が見えていました。
上司がこれで済むなら、以前の僕も苦労などしなかった。
あまりに情けない。 大きな会社じゃないので、ビジョンとかもなくしょうがなかったのかもしれません。

自分が一度でも責任者などを経験していると、それが基準となり、どうもがいても比べてしまうのです。

とりあえず適当に宅地建物取引業主任者の資格をとり、簡単だと調子にのって行政書士の試験に落ち・・・。
ある時、このままじゃ世間の同期に置いて行かれるって、すごく悩み始め仕事を辞めました。
その仕事の在職期間は約10年。
私はその10年間を「失われた10年」と勝手に名づけています。(笑)

最近、今の仲間から「その10年もきっと無駄じゃなかったんですよ。気付いたんですから!」
といわれました。 ちょっとうれしかったな。 うん。

激バージュンは、その失われた10年の間に起こった、超単純なわかりやすいできごとです。
どこにでもよくある、子供じみた出来事ですが、人と人は分解したらこういう動き方をするという、本能的な例ですね。

第3章に続きます。

古儀 泰司
[PR]
by yasu121928 | 2011-01-29 22:22 | 仕事系カテゴリはこちら! | Comments(0)

職場の人間関係に悩んだら(激バージョン)第1章

僕はこのブログで名前を公表しています。
デメリットももちろん大きいですが、直球勝負のブログだからです。
誰かに何か言われようと、関係ありませんから。(笑)

ちょっと、激バージョン風になってまいりました!!(笑)

職場の人間関係・・・難しいですよね。
それぞれステージにもよります。

今日は僕の昔の情けない時代のお話を披露します。
今でも通用するって感じますので、若い世代には役に立つと思います。

長文になりますが、僕の仕事の生い立ちからはいりますね。

高校を卒業して、臨床検査技師の専門学校に受かったのにいかず。
さりとて目標もなく。(目標は事務員(爆笑))

コンピューター関係の専門学校に進み。 
見事、病院の医療事務。

だけど、その病院が超ヤバ系で、3年で辞めました。
もちろん7年後ですが、潰れました。(眼力正しいでしょ!

それから、食品会社へ
いい会社でした。 社員のこともちゃんと考える、他の会社とは大違いです。
今の僕も、その社長の考え方を手本としています。 数十年前のことですが・・
ここで僕は若く主任になりました。
名古屋営業所の営業から三重出張所で主任。
でもね。部下はいなかったんです。
そしていきなり物流部への転勤。
女10人、男3人の大所帯です。 しかも係長も課長もなしで、上は東京の部長です。
年間予算3億を使って、西日本の物流を全て動かして!みたいな・・・27歳くらいでしょうか。
アホですよ。僕。

それでも、権力という甘い麻薬・・いや媚薬を知ったらもう最後です。
あれは、快感。 もう戻れない・・怖いですよ! 上がる給与の何倍もね!
それでも、職場は結構コントロールが効いて、おれやるなぁ~と思えるくらいに・・・。
プラスん面はその程度に(苦笑)

トラブルは全部自分へ、重役会議では他は皆部長・取締役クラス。
水は穴ぼこへ流れるでしょ? 主任のおれのせいで落ち着く。
いや~えらいものを見せてもらいました。
体重は40キロだいまで落ち、もう二度と上司と呼ばれる立場には立たない!って心に決めて30前に会社を去りました。
給料にどう見ても見合わない!!! これは絶対ですよ。

こして、出世を全て捨てた古儀の放浪人生が始まるのです。

どう?l興味あるでしょ? あるくせにぃ~♪(笑)

人間関係は思う以上に単純。
答えは第2章に譲りますね。

底辺の人間関係だけど、今でもココだよねって思えてしまう出来事。
賢い人は読まないで! 愚鈍な人たちで知恵を分け合いましょうよ060.gif
古儀 泰司
[PR]
by yasu121928 | 2011-01-29 19:40 | 仕事系カテゴリはこちら! | Comments(0)

ひとつの役割を終えた時

激しく、懸命で、夢中だったこの数年間。
何も出来ないと考えて来た自分が、何とかやり遂げられた初めての仕事だったかもしれません。
僕にとっての大きな大きな、一つの時代が今終わろうとしています。

「かえりみて、恥じることない足跡を山にのこせたろうか」
「くしゃくしゃに嬉し泣きするかげりない、河を抱けたろうか」
小椋桂さんの詞で五木ひろしさんの「山河」です。

今日からお休みをとらせていただいてますが、なかなか一度休むと大変ですね。
自分なりにがんばって行きたいとは考えていますが。

どうなるかも、わかりません。 だからこそ。
体調の事もあるので、念のため言っておきます。
お世話になった法人、職員さん。 本当に感謝です。
どんな結果になったとしても、がんばって育てた施設たちや法人の将来を、心を込めて応援します。

そして、この法人で多くの方々と出会い、教えてもらえたからこそ、今の自分があります。
凝縮した、継ぎ足しの秘伝のタレをつくる。
そんな時間を過ごさせてくださった全ての皆さんに「感謝」。

ファイト!!

古儀 泰司
a0198819_16452573.jpg

[PR]
by yasu121928 | 2011-01-29 16:21 | 仕事系カテゴリはこちら! | Comments(0)

タバコの代償

タバコやめてから、どうしてもお酒に頼ってしまって、あきませんわぁ~。
先日も、酔っ払い電話で、仕事仲間に迷惑をかけてしまった。(謝)

もともと、弱いほうではなく、酒癖もそんなには悪くないとおもうんですが、時々ストレスが加わると言ったことを覚えてない程に酔うことが・・・(苦笑)
そんな大荒れするとかは・・ないですよ!!(笑)

念のため。 
それから、大事な大事な仕事仲間さん。 ほんとにごめんなさい。

素直??(笑)

古儀 泰司
a0198819_10591974.jpg

[PR]
by yasu121928 | 2011-01-29 14:13 | Comments(0)

ただいまお外から送信♪

今、愛知県の豊田市と名古屋市の境くらいかなぁ。
田んぼの端に車を止めて、モバイルPCを使って書いてます。

すごい時代になったものですね。
どんな場面でもアクセスできるもんね。049.gif

車の中は「ぽかぽか」で、ミスチルのメロディーが流れてます060.gif

今日は娘の同志社女子大の入試。
京都の大学なのに名古屋でも受けられるとの事で、名古屋で迷う事が間違いのない娘を乗せて、千種で降ろして....僕はどうするの??042.gif

2時まで時間つぶせないヨー。

って事で広小路通りをひたすら豊田方面にドライブ。
最初は足助に向かって走り続けましたが、特に用があるわけでもなく(笑)
戻ってきた。(爆笑)
田んぼがあったんで、そこで止めてこの時間を過ごしています。

娘の第一志望は三重大の人文。ちょっと難しい気がします。
なんたって僕のDNAがコピーされていますから。(笑)
多くの選択肢はあげていないので、無理なら三重短。
ちょっとかわいそう? でも中途半端に逃げ道があるより、がんばれるかな?って思ってね。056.gif
一応、同志社女子だけは、すすめて受けるだけ受けるけど、行くことはないでしょう。

この時代、短大行ってもそこから取る資格も進む道もいっぱいありますから。
中途半端な大学歴を語れる時代は、もう終わっている気がします。

ただ、彼女の努力だけはこれはすごい。
中三まで塾にも行かせず、元々の能力も高いわけじゃないです。
でも、中三からどんどん順位を上げて、希望の高校にも入学できました。
高校でも下の方から始まって、3年の冬にはかなり上まで上がってきました。
進学校なので、追い抜きは大変だったことでしょう。

彼女は得意不得意が極端に偏っています。
数学はどべから何番目、国語はトップから一桁。(苦笑)

国語だけなら、すごい偏差値で超有名大学も狙えます。
数学だけなら、落第もの??(笑)

もともと僕も国語や書物は大好きなので、そこは似ていますが、たぶん突然変異でもしたのでしょう037.gif
もしかしてアルビノ??(笑)目は赤くないしなぁ~

いずれにしても、高校の卒業でひと通り親としての一区切りが終わろうとしています。
これからは、ひとりの「個」072.gif

ただ、もう1名あほガキが残っていますが…(苦笑)048.gif

古儀 泰司

a0198819_1103366.jpg

[PR]
by yasu121928 | 2011-01-27 13:19 | Comments(0)