<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

あんな営業、こんな営業

訪問販売や電話営業に関したコメントをいただきましたので、僕の経験を2つほどUPしてみます。
僕の場合の話ですので・・・その辺だけご理解くださいな。040.gif


<朝○ソ○ラ○編>
この営業マンが一番強力でした。
僕のいない昼間に来て、妻にさばけるはずもなく・・・とりあえず自分じゃ判断できないから、夜来てくれ!で逃げたらしく・・・僕の帰って来てからの時間に、その営業マンはやって来ました。

お風呂とかの温熱を灯油に頼っている我が家に、「太陽熱に変えろ」と彼は言う。
「最初から考えてないから、買わなかった」という僕に・・・。
「太陽熱に変えれば、8年で黒字転換する」と、勝負に出てきました。
僕は「じゃあ、朝○ソ○ラ○の太陽熱温水機には、八年の保証が付いていて、8年以内に故障したら無償修理なんですね?」「じゃなかったら故障したら黒字じゃないでしょ?」と・・・。
「保証はありません」と彼・・・。

「今も今後もお願いする事は絶対ありません」という僕に・・・
「じゃあわかりました。今後一切来ません。お渡したパンフレットも大事な営業経費がかかっていますので、返してください」という営業マン。
「この名刺も大切な営業資源ですから、持って帰ってください072.gif」という僕。

この会社、数年後に強引な契約がTVなどで大々的に騒がれ、最近はどうなったのか・・・??
営業に来た彼も、契約取らなきゃ会社に帰れなかったんでしょ・・・そんなもんです。034.gif



<洗脳編>
このパターンも若年層向けやマルチ商法などでよくあるが、基本的に「貴方は今の自分に満足していますか?」から始まる。

例えば・・・・
「成長したくないですか?」とくるわけだ。 ちょっと宗教チックだな。026.gif(笑)
そんな時、僕はこう答えるんです。
「僕は成長って大嫌いなんですよ」

「儲けたくないですか?」「お金持ちになりたくないですか?」には・・・
「僕は貧乏が大好きなんです」「貧乏は美しいし、裸電球1本揺らめいてる暮らしに憧れます」003.gif

何だか笑ってしまう??041.gif(笑)
彼ら彼女らは、営業マニュアルがあって、その通りに話を進めてくるんです。
人間の本能はこうで、こう問いかければ人間はこう答えると・・・
人の持つ「欲」を突くわけです。
だから、逆を行かれるともうタジタジです。
そんな答えのマニュアル用意してないですからね。

マニュアルに頼った仕事の末路がコレです。
マニュアルが生きるのは機械相手や単純作業。072.gif
人間の心を同じにしちゃあきません。011.gif(笑)



今も会社にホント多くの営業電話がかかってきます。
「売りたい」から入ってくる人は、もう問題外。 
ギブ&テイクのテイクを先に求める輩だと思います。
「相手の求めてる物に応えよう」って人は、どこか違うから不思議。053.gif
飛び込み営業から大事なお付き合いになってる人がいるのが、その証明です。
これぞ本当の営業。
ほとんどいませんが・・・

問題外の訪問営業だと判断したら、一番肝心な事はいかに短い時間にお断りするか。072.gif
ここが肝心です。
長引いて良い事は絶対ありません。 お互いに・・・。
昔はあまりきつい事を言うと相手が傷つくかな?ってホント気遣ってました。
でも、それは間違い。
相手に余計な期待をもたせる事は、酷な事です。
キツくても、最初からはっきりとした凛とした態度が重要です。

踏み込んだ足を払われるより、踏み出す前に警告するのが礼儀だと、最近僕は考えています。049.gif(笑)
もっとも相手は、傷つくどころかおかまいなしに踏み込んできます。
こうなれば、いよいよ相手の素性も知れたって事。

切れてやった方が、相手のためって事もある。
「その営業は常識を外れてる」って相手に分からせるメッセージにもなるし・・・。


でもでも・・・そんな中にピカッ072.gifと輝く本当の営業マンも、ごく稀にですが・・・絶対いるって事だけは忘れないでいましょうね。

僕のおばーちゃんが牛乳を配達してもらってました。
すごく高くつくし、スーパーで買えば半値以下だから、「断りなよ!」っていっつも言ってましたが、彼女はなかなか断れなかった。
ある夜、僕は配達に来たおばちゃん(おねーちゃん??)に、あったんです。
その彼女を見て、祖母がなぜ断れないのか・・・なぜ、牛乳配達を継続しているのか・・・全てわかった気がしました。
それ以来、「牛乳はあの人に配達してもらいなよ!053.gif」って素直に言える自分がいた。


人間っておもしろいですね。
そして捨てたもんじゃない。012.gif

「ただの甘さ」はアホの営業を増やすし、「見通した上での温かさ」は良い営業を増やす。

もっとも・・「売れるまで帰ってくるなー!」が当たり前の営業会社が、「良い営業」を許せばの話ですが・・・。(苦笑)

古儀
[PR]
by yasu121928 | 2012-02-27 23:14 | 仕事系カテゴリはこちら! | Comments(0)

捨て台詞は「アホ!」

僕は訪問販売の人とか、あんまり好きじゃないんです。
欲しいモノがあれば、自分で探して買いにいくし・・・。
これいりませんか?って言われること自体が、「ちょっとおせっかい028.gif(笑)」

もちろん本当にいい情報を持って来てくれる事もあるのでしょうが・・・
なんか商品買うと、訪問販売の営業マンさんの給料まで入ってる気がして仕方ない。011.gif(苦笑)

訪問販売と同じくらいウザイのが、営業電話。
最近は多少減りましたが、ガキどもが小さかった頃は、教材とかホントよくかかってきたなぁ~。015.gif

対応も僕は完璧。
あまりそういう営業に押された事はない・・・。
一番強力だったのは○○○ソーラー。034.gif(笑)
その後、強引なセールス手法が問題になりましたが・・・。


一方、対応がド下手なのが妻。
相手の話を最後まで聞いてしまう。014.gif
営業マンは「これは行けそうだ!」って思ってしまっても仕方ない。
最後まで聞いてノラリクラリ断るから、相手もたまらない。
早く断固断ってやれば、相手はもう4~5件は電話で営業できたのに・・・時間だけ無駄になったんだもん。072.gif

昨日、夕食時に家族でその話をしていました。
今まであった電話営業の想い出。

カミさんの、いち押し電話営業・・・。
断るタイミングがなかなか探せず、しばらく話を聞いてから、やんわりと断り続けたら・・・

「アホ!!!033.gif」と言ってガチャンと切れたと・・・024.gif024.gif(爆笑)
もう、全員で3分間は笑い転げてしまいました!!041.gif003.gif
いじわるな僕は妻に「その時どんな気持ちがした?」と・・・。037.gif(笑)
妻「・・・・・・・・・・・・・・・・」024.gif024.gif(笑)

家族全員で笑い過ぎて、「どーもすみません!」って感じでした。003.gif(笑)

古儀053.gif
[PR]
by yasu121928 | 2012-02-26 10:43 | Comments(3)

心に残る名曲 番外編

まずはこの歌詞をじっくりと読み解いてください。
話は後から・・・
ゆっくりと・・深く・・・



名も知らぬ駅の待合室で
僕の前には年老いた夫婦
足元に力無く寝そべった
仔犬だけを現世(うつせみ)の道連れに
 小さな肩寄せ合って
 古新聞からおむすび
灰の中の埋火おこすように
頼りない互いのぬくもり抱いて
昔ずっと昔熱い恋があって
守り通したふたり

いくつもの物語を過ごして
生きて来た今日迄歩いて来た
二人はやがて来るはずの汽車を
息を凝らしじっと待ちつづけている
 都会へ行った息子がもう
 迎えに来るはずだから
けれど急行が駆け抜けたあと
すまなそうに駅員がこう告げる

もう汽車は来ません
とりあえず今日は来ません
今日の予定は終わりました



どう言うふうに読み解きました?
若い頃の僕はというと・・・

都会に行って帰って来ない息子を待つ老夫婦。
親不孝な息子に両親は捨てられている・・・。
わかりやすい・・そして暗い歌詞だとだけ考えてきた。

この歌詞をこう読み取る人がいる。

彼らは「死」のその日を待っていると・・・迎えの列車は「天国行」
駅員は・・とりあえず「今日」は来ません。
今日の予定は終わりました・・・と・・・

この解釈は正しい気がする。
40半ばにして、それだって気がする。

そして、都会に行った息子さんはもう亡くなっているのかもしれないと・・・

解りやすいように悲しい詩にしたが、音楽というのは聴くときの心持ちや考えのレベルによって、違う聞こえ方がするから凄い。
もちろん文章でもそうだが、メロディだけでも違う感じ方ができるところが、音楽のすごいところだ。072.gif

高齢者と関わらせていただく仕事について、古い曲をたくさん聴いて、余計にその思いが強くなった。056.gif

日頃、何気なく流れている音楽や日本語、歩いている人たちを、ちょっと違う角度から見るだけで、いろんな新しい発見があるから、おもしろい。012.gif

ちなみに、このきょくは「ウツセミ」という曲です。
深い・・・。

古儀
[PR]
by yasu121928 | 2012-02-21 23:13 | 心に残る名曲 | Comments(0)

老犬ホーム

「老犬ホーム」というのがあるのをご存知か?

昨日、TVで北海道の盲導犬協会の番組が流れていた。
その中に同協会が運営している「老犬ホーム」が紹介された。

盲導犬候補の子犬は、まず1年間パピーウオーカーというボランティア家族の元で、人間の愛をいっぱい受けて、可愛がられて育つ。
人の事を大好きになってもらおうという事なのだろう。
a0198819_839672.jpg

それから、盲導犬になるために辛い訓練や、その後も盲導犬として視覚障がい者や聴覚障がい者などを支えながら暮らす。
飼い主ももちろん、精一杯の愛情を注ぎ続けるだろうが、盲導犬の仕事はそれはそれは大変なストレスなのだろう・・・盲導犬の平均寿命は、ラブラドールのそれと比べて、明らかに短いのだ。
a0198819_8393240.jpg

人間の為にひたすら従順に尽くし続けた盲導犬の老後が、寂しいものになる事は許されない。
物や道具を取り替える様に、彼らを「交換」するとすれば、人の世もいよいよお終いだ。

そんな事を考える僕にとって、昨日の番組は心を「ほっ」と温かくしてくれた。
ココの老犬ホームには現役を引退した盲導犬たちが、自由に暮らしている。
「自由」な環境で暮らせているってのが、また素晴らしい!
盲導犬は抑制や自己犠牲など、高度なストレスにさらされ続けてきたのだから・・・

この老犬ホームは、障がい者の方々をはじめ、多くの寄付で運営されている。

今まで、コンビニなどに置かれている「盲導犬育成」にはお金を入れた事はあるが、こんな取り組みがあるのなら、そちらに協力したいとつくづく思った。
a0198819_8394980.jpg

本当に従順なラブラドール・・・
黒ラブの飼い主のひとりとしても・・・。

北海道の盲導犬協会のHPはコチラ ↓ ↓ ↓
http://www.h-guidedog.org/

KOGI
[PR]
by yasu121928 | 2012-02-19 08:40 | Comments(0)

女性占い師

オセロ中島さんが、大変な事になっていますね。
占い師に寄生されたとかなんとか・・・。071.gif

外から見ると明らかにおかしな状況でも、中にいる人間はそれに気づかないんだね。

街角のインタビューで女性に聞くと、これから先どうしていったら良いのかわからない時に、占いが答えを出してくれるから行く人が多いらしい。

その答えに確かな根拠があれば良いのですが・・・。
それか、お遊びや参考程度で行くのなら、全然いいと思うのだが・・・。034.gif

人生の分岐点や困難を前にして相談できる先が、今の世の中にはなかなかないのかもしれない。

例えば心理士とかカウンセラーなんかを想像するが・・・。
彼らはあまり答えを出してはいけないらしい。
どちらかというと、ひたすら聞き役に徹するべきらしいのだ。
引き出して、自己補正する様に誘導していくのかも知れないなぁ。

僕は二十歳の頃、信頼できる先輩に恵まれて、いろんなアドバイスをもらった経験を思い出す。
当時は右肩上がりのバブルを控えた時期で・・・・
「土地の値上がりや信頼性は、どう考えても永遠だ」と考えた僕に・・・
「う~ん、そうかな?026.gif」って答えた彼。
誰もが土地神話を信じて疑わなかった時期。

それから数年で、土地神話などあっさり崩れさった。
今でも、あの時先輩と語り合った内容を鮮明に覚えている。
僕なんかとは、視野の広さや深さが違った。
いい先輩が、僕の常識の甘さを証明してくれたのだ。072.gif

今の時代・・・。
家族も友達も会社も学校も、そういうつながりが希薄になってきている気がする。
個人の時代というか・・・。
コミニュケーションの手段が変わって来たのもあるのだろうが、「ひとり」を好む人が多い気がする。
女さえもいらないって若者が多いらしいから、驚きですね。 草食系??048.gif

確かに、煩わしさがなくって、さっぱり生きれて良い部分もあるかもしれないけど・・・
迷った時も ひ ・ と ・ り072.gif
迷い苦しんだ時は、お金を払って占ってもらうしかないってことか・・・

そこに成立する等価交換はなんだろう・・・。

お金=悩みの解決  こんな感じになる。
お金>悩みの解決  こうならなければ良いが・・・
もちろん、相手の話を聞き、人柄を察し、導いてくれる占い師もちゃんとあると思うが・・・

僕の時代は・・・
友情や愛情=悩みの解決

ちょっと熱さ053.gifを伴うが、こんな感じだったと思うのです。


ちょっと極端な意見でしたね。011.gif(苦笑)
でも、中嶋さんみたいな洗脳状態になると、戻るの難しいんですねぇ~
お~こわ!008.gif

KOGI
[PR]
by yasu121928 | 2012-02-18 08:11 | Comments(3)

地域医療雑誌 メディサポへ掲載

前にご紹介した、地域の医療・介護情報誌「メディサポ」の春号が完成してきました。
a0198819_21221234.jpg


我事業所の「花のん」も1面で掲載させてもらっています。
狭いエリアで小規模デイを行う「花のん」が、ここに掲載する理由があるの?? と思われるでしょう。037.gif(笑)
総合的に考えて十分な価値がある(秘密034.gif(笑))ので、利用させてもらってます。
そのためか・・ずいぶん変わった紙面です。
なんじゃこりゃ??と思われるでしょう!041.gif(笑) 
ぜひ、直接手にとって???を感じてくださいませ。
a0198819_21261665.jpg




この情報誌、既に松阪や南勢ではとてもメジャーな存在で、たいがいの病院やスーパー、薬局、それに役所などにも並べられています。

僕はもともと松阪で施設運営をしていましたので、いつも掲載いただいてきました。

今年から津エリアでも発行されるとの事で、想いや情報を発信したり、差別化を明確にするために利用させていただいていきますネ

地域のマルヤス・コスモス・ぎゅーとら・オークワなどのスーパーや薬局、医院などで手に入ります。
ぜひぜひ見ていただいて、 ???を解決してみてくださいね!012.gif(笑)

メディサポの発行会社さんは ↓ ↓ ↓ (株)生活サポート 様です。
a0198819_21235763.jpg

[PR]
by yasu121928 | 2012-02-13 21:28 | Comments(0)

わるガキの中のあほガキ

これは僕の小学生時代の事です。006.gif(笑)
思い返してみると、数々の悪さをした。
不良というより、いらん事をするガキだった気がする。
a0198819_15522330.jpg

よく担任の先生にも怒られたなぁ~。
バシッって横面を殴られたり、ゲンコツをもらったり・・・。047.gif(苦笑)

小学校4年の頃、切手の収集がマイブームで・・・。
なんか通信販売で、三角切手なる海外の切手を買った。
これがまた怪しく・・・切手シートがたくさん送られてきて、いいのを買い残りを返却する。
たくさん買えば買うほど、自分に特典切手がプレゼントされるのです。

僕はそれを学校へ持っていった。
そしたら、男子女子が集まり売れるわ売れるわ!024.gif
ちゃっかり僕は、その特典だけタダでいただいたりできちゃうわけです。
ところが、そうは問屋が卸さない!
当時の子供たちにとって400~500円って価格は、相当な価格なわけで・・・
皆がどんどん持ってくるお金を数えてる内に先生がきちゃった・・・。008.gif(爆笑)

そりゃ~怒られましたわ!047.gif(笑)


それから、小学2~3年ぐらいだったか?
冒険好きな僕は、電車に乗りたく・・・
子供一人でJR名松線に乗り松阪へ。
松阪から、何と特急に乗ってしまったのです。
それは鳥羽行特急。
もちろん一人、乗車券なぞ持っていません。 ハイ。011.gif
ワクワク012.gifからドキドキ008.gifに変わっていく自分を車内で感じたのをはっきりと覚えています。

鳥羽に着き・・・降りるしかない。
反対行きに乗れば家の方に帰れるはず・・・エライ!!!049.gif
階段を登りきると、何と改札が・・・
すかさず駅員に声をかけられます。
「お母さんは??」026.gif
僕は
「あっち!」と元のホームを指差し、階段を駆け下りた。
とっさの「あっち!」という指差しはさすがです! エライ!!!049.gif
この能力は大人になった今でも保たれています。(笑)

階段を降りるとさっきの特急がそのまま止まっている。
いや、お客さんが乗り込んでいる。
名古屋行きの意味がわかるわけもなく。
駅のアナウンスの「停車駅は宇治山田、松阪・・・」この声で、飛び乗った。

わが故郷の近鉄最寄駅に着いた僕は、ホームの反対側から降り(やはり無賃乗車040.gif)、家に向かって田んぼの真ん中を斜めに走った。
もう暗くなってきていたのです。

門限の5時のサイレンまでに帰らなかった僕は、当然父に叱られ・・・。047.gif

こうやって、僕の無謀な冒険は無事事無きを得たのです。
a0198819_15525680.jpg


こんなのばかり書くととんでもないガキだと思われますが、いいところもあったんです。
個別懇談で必ず言われたのが、勘というか直感力の良さ。072.gif
これは毎年言われました。
「将来は、それを生かした仕事に付くとよい」と・・・。
そんなん生かせる仕事ってどんな仕事???044.gif 意味わかりませんわ。(笑)

まあ、先生曰く・・・「頭は悪いが感(勘)は良い」だそうです。024.gif(苦笑)
[PR]
by yasu121928 | 2012-02-12 15:53 | Comments(0)

女子はなぜ体重に嘘をつく?

面白いコラムがあった。
「女子はなぜ体重に嘘をつく?」

確かに男性にとっては不思議ですね。
外見から見て太って見えるかどうか?を気にするのは、まあわかる気がします。
でも、体重ってそんなにデリケートに考える数字なのかなぁ?046.gif

僕は普段から、ズケズケといろいろ言う方なので、職場でも友達にでも平気で言って(聞いて?)しまいますので、ずいぶん無神経なやつと嫌われているでしょう。041.gif(爆笑)

でもね。
ある統計調査で、女子が申告する体重のごまかしは、平均4KGなんだって!(笑)
へー!すごいなぁ。
これからは体重教えてもらったら、頭の中で「プラス4」011.gif

a0198819_1447182.jpg

[PR]
by yasu121928 | 2012-02-12 14:45 | Comments(0)

再会 Ⅱ

昨日は、いろいろ回ってきました。
かなりの距離を走ったわけで、疲れたー。042.gif
おまけに遅刻の連続で、どーもすみません。040.gif



1年ほど前にこのブログで、コブクロの「轍」という曲をテーマに、「どうしても守ってやれなかった恩人」の話をした。
それは荒れ放題の職場で、着任わずかの彼女がそれを取り仕切り立て直すというのは、あまりにも重荷すぎる。
後任として僕が着任したその日に、彼女は辞表を出してきた。005.gif

僕としても、全然違う世界からいきなり介護の世界に放り出されたわけで、介護もしらなきゃ制度や法人運営も知らない。
これは大ピンチ・・・008.gif

僕は彼女に自分の考えややり方、気持ちをしっかりと伝えた。
2時間以上、話し込んだだろう。
その1ヶ月後には、僕の下でしっかりと頑張ってくれている彼女の姿があった。012.gif
そして、職場の環境も徹底的な改革が進み、売上だけは少しもの足らなかったが、それ以外は一定の形が出来上がってきた。
そして半年経過・・・。
事業所の成長とうらはらに、何と彼女の存在感が薄れてしまっていたのだ。

僕はできうる限りの配慮と支援をした。
それこそ、甘すぎる程の守り方だったと思う。
最大のピンチを切り抜けられたのは、紛れもなく彼女のおかげだもの・・・。
でも、全力でも守ってやる事ができなかった。

あの時、彼女が残って頑張ってくれたかたこそ、今の僕があるというのに・・・。

そんな出来事がずいぶん前にありました。
ここまでが前振り・・・・。003.gif




組織というのは・・・作るのは長い期間が必要。
でも壊すのは、ほんの一瞬。
とても簡単な作業です。

ある時ある場所で・・・長い間、事業所の長をされていた方から辞表が出てきました。
僕は彼と仕事を共にしてきたわけではないので、彼の仕事ぶりは知りません。
一種独特の中央集権ぽいカリスマ的な長だったのかも知れません。

彼が退職となると、そこを何とか立ち行かせるのは、当時僕に与えられた仕事。072.gif


彼の退職、置いていかれる不安と怒り、そして寂しさから、準責任者クラスは総崩れ。
中でも一人の準責任者は、それはそれは情緒不安定に大泣き。
気持ちはわかります。025.gif
でも、僕の職務からいうと「非常に」困った状況です。
退職する事業所の長は、もうひたすら逃げの一手。
でも、付いてきた準責任者クラスは、それに気がついていない。
う~ん・・大ピンチです。008.gif

僕はあの時と同じように、彼女に僕の考え、やり方、気持ちを・・正面から向いあって伝えた。
一ヶ月後の職場には、それはそれは頑張っている彼女の姿があった。
あの時と同じように・・・・。

彼女が「残る」「頑張る」という選択をしてくれたから、今の僕がある。
それは、紛れもない事実です。072.gif


僕のピンチは、こんな温かい気持ちを感じ投げ返してくれる人達が、切り抜けさせてくれた。053.gif
他にもいっぱい感謝する相手がいます。 それは内緒ですが・・・。037.gif(笑)
身をかけて頑張ってくれた人達がいたから、僕は数々の困難を乗り越えられた。


彼女達にとっても、あの出来事が「大きな成長」の、きっかけになってくれていたらいいな。053.gif
[PR]
by yasu121928 | 2012-02-12 09:50 | 仕事系カテゴリはこちら! | Comments(0)

再会

僕は働かせてもらっていた仕事の中で、いくつかの約束を経営サイドとしてきた。
一通りの「約束」を果たしてきたつもりだし、果たせないだろう約束はNOと明言してきた。

では、この約束をなぜ果たせたのか?と最近考える事が多い。
それは、多くの部下という仲間達に支えられ、支援してくれた結果として、何とか「約束破り」の惨めさを味合わずにすんだのだ。

確かに経営の角度から見ると、僕として約束は確かに果たした。
以前から僕のブログをご覧の方は、きっとご存知だろう。


でも、違う角度から見たらどうだろう。
部下を愛し育て続けてこれただろうか・・・。


僕が自分自身の法人の運営をスタートさせた後・・・
かつて仲間として仕事を共にしてきた人達から、たくさんの連絡や訪問をいただいた。
遠いところを訪ねて来てくれたり・・・
時間の許す限り、懐かしい話題で想い出を温めた。

約束を果たしたと納得している僕と、何かが欠けてしまったと感じている彼女達・・・。
僕に「本当に頑張ってくれた彼女達への、恩返しができているのか?」
この答えに僕は「YES」と言い切れない。

お互い大人だし・・・僕がそんなに頼りになる男であるわけじゃないし・・・。
そして、それぞれが違う世界で頑張っているわけだし・・・。

でも、それは先の問いかけの「言い訳」にしかなっていない気がするんだ。025.gif

会いに行こう。
来てもらうばかりじゃなく、自分の足で自分の時間を使って会いに行こうと思う。
あの頃への感謝の気持ちを持って・・ちゃんと伝えなきゃ。012.gif

そんなこんなで、週末は懐かしい顔見にドライブです。
元気そうな声やお便りでは、知らせてもらってますが・・顔はしばらく見ていない。

彼女達・・たぶん少しは老けてるはず!?041.gif(爆笑)
[PR]
by yasu121928 | 2012-02-10 13:16 | 仕事系カテゴリはこちら! | Comments(0)