<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

潰れるべくして・・



このブログを始めたのが2011年の1月・・・5周年。
ブログを始めるきっかけになったのは、当時勤めていた会社を辞めた事が大きい。
介護事業を担当する部の責任者としてがんばって来たが、色んな意味で思うことが多かった。
そんな法人が5年を経て存続の危機に瀕している。
もはやこの危機は切り抜けられない。
世間はそれ程甘くないでしょう。

5年前、僕は自分自身の見識や判断、それに分析力に絶対の自信を持って退職した。
いつか行き詰まる・・こうなるだろうと正直予見していた。

そして退職して2年を過ぎたころだっただろうか・・・僕は別の疑問を持ち始めた。
もしかすると彼らの考え方ややり方が正解ではなかったのか・・・。
大きな事業の経営者や政治家など大物が活躍する世界では、これぐらいの事をしなきゃやっていけないのかも。
ごく普通のことなんじゃないか?
僕は彼らを尊敬しなきゃいけないんじゃないかと・・・。

そして5年後。
高額な預託金の不正流用。
関連法人への不正融資。
短期貸付金は長期貸付金で預託金、その後百五銀行経由で迂回融資。
民事再生法の適用を申請。
公益財団認定取り消し勧告。
本当に驚きの連続でした。
僕はその法人や経営陣に恨みとか憎しみとか全然ありません。
でも返してやってくださいね。
人の金で相撲取り逃げしたらあきません。
ひとりひとりの高齢会員さんの顔浮かんできませんか?
僕は恨みは全然ありませんけど、あの人達は恨みますよきっと・・・。
ちゃんとやらんとあきません。

今回僕があえてこれを取り上げたのは、この法人の行く末がもう決まってしまったから。
5年前の僕の自分自身の見識や判断、それに分析力がやはり正しかったのだという「結果報告」が、どうしてもしたかったのだ。

下に5年前に僕が書いたブログがある。
題名は「カダフィー大佐を探せ」
このブログに僕が書いたのは、ここら辺の事なのです実は・・・。
そう思って読んでいただくと、実によくわかる。

我の先見力確かなり。



「カダフィー大佐を探せ!」 2011年3月



リビアのカダフィー大佐をご存知か?

中東なのかアフリカなのか、微妙なところですが・・・。
今日は彼を題材に「痛烈に」僕の身の回りを語ってみたいと・・・(苦笑)
中盤から、我々の身近な問題に切り込んで行きますので!
政治がキライな方も、どうかよろしく♪

ただし・・
hotでやさしい僕の文脈がお好きな方は、どうぞココでおやめください。
それから、僕の生き方にそぐわないなって、普段から思われている方・・・これも読むのはご遠慮ください。(笑)


カダフィーさんて言えば、独裁者。 美女(愛人?)のナースを付き添わせて、我々男性陣の成功とだぶらせてくれたりします。(笑)

独裁者が居座る国家といえば・・・例えば北朝鮮。
独裁者のお決まりで、最高権力、名声、富、武力など、その全てを手に入れようとします。
織田信長は、自分を神と考えて欲しかったっていう「説」もあるほど。

独裁者は、わかりやすい言葉で言えば「王」なりたい。 もっと言えば「神」になりたい。
信仰し崇められる存在になりたい。
オ◎ム心◎教の麻◎さんはどうだったでしょう?
キムジョンイル氏はどうでしょう?

キムさんは、「偉大なる将軍様」とかが定番で、いかに最高権力の位にこだわっているかが、よくわかりますね。

そこで。
カダフィー大佐はというと・・・
ここが不思議なところなんです。

航空機爆破などのテロの首謀者。
最近、いきなり罪を認めて、テロ指定国家解除。
徹底的な弾圧による権力の行使は、他の独裁者と同じです。
デモにも、一切の容赦なく自国民を殺害した。

彼の不思議さは・・・なぜ大佐なのか?(笑)
将軍でも大統領でもいいのにな・・・(笑)
大佐って・・・不思議だね。 でしょ?

それから・・・
エジプトのムバラク大統領など、民衆のデモの規模や勢力に圧倒されて、次々に譲歩・・懐柔策を小出しにして崩壊する独裁国家が頻発する中、彼は譲歩しない。
それが、いずれ自身の破滅につながる事を知っているから。
ある意味。臆病者でも彼は状況判断が出来てる。 「中途半端にね」

この中途半端に「出来る男」が招く悲劇・・・。
これは彼以外のその他大勢にとっては、究極の「悲劇」なのです。
彼の判断がある程度確かな事で賢く立ち回るから、リビア国民にとって最悪の今の環境が延命されるのです。
そして、それこそが大勢の人々にとって最大の悲劇なのです。


さあ! 身近で探してみましょうか!!(笑)

貴方がお勤めの会社の社長さんはどうですか?
貴方の部門の責任者はどうでしょう?

アホならアホでいい。(笑)
中途半端な賢さは、本人には多少のプラスでしょうが、周りは大迷惑なんですよね。
ころぶ時は素直にころんだ方がいい。
だいじょうぶ! 転ぶ前にはちゃんと声掛けるからと言っといて、大転倒して脳挫傷ならどうします? もう少し賢いと損害賠償請求してきたりする。(笑)
いつかは「正義」が勝つのですが、50年後に勝ってもしかたない。
50年間も悪の世で、我慢する事になるのですから・・。

皆さんも自分がやっている事が、「プラスである」って、自分の中だけの確信があっても・・・
その貢献が、組織や会社にとって、ただの「延命」だけにしかならなかったら、どうします?
大丈夫、この注射で絶対助かりますからって・・・うそを言っているだけだったら・・・。

それって、皆のためだろうか・・・

カダフィ氏。
側近の取り巻きがどんどん逃げて行って、どうしたと思います?
「逃げてくような事をしているから、皆逃げていく」って事に気付かない不幸。
良いことを、普通にちゃんとする・・それだけでいいのにな・・。
他人に逃げられて・・
信じられるのは、身内だけ・・・
北朝鮮でもそうでしょ?
身内で固めるしかないんです。 身内は裏切らないから・・・
そんな目で見てると、取り巻き全部が裏切りそうに見えてくる。(苦笑)
こうなるともう悪循環ですよね。
そのうち、身内も信頼できなくなって、兄弟姉妹同士で争いが起こったりするんだよ。
戦国時代がそうだったでしょ。

つまり、そうなったなら・・戦国からひとつも進化してないってことですね。


最後は自分だけしか信じられなくなる。
誰かを疎外する事で他の仲間が結束する・・・村八部方式
問題児を排除すると、普通だった人が次の問題児として疎外される連鎖・・・浅間山荘方式(日本赤軍)
取り巻きが、疎外されるのを恐れて、正確な情報を伝えなくなる。気に入られる事だけしか伝えない・・・裸の王様方式

この三番目が一番問題。
素っ裸の王に素敵なお召し物ですね!と皆が讃える。
情報を意図的に絞られたり、コントロールされてしまう。
これでは、王様は正確な判断はできませんよね。

王様も、その人格に高さを求められますが、それよりも大事なのは、それを取り巻く人材。
ここにかかってますよ。
小さいフィールドでしたが、僕が事業所などを運営させてもらってた法人では、僕の下についた部下が良かった。
これに尽きる気がします。 ひとりじゃないよ。 最低でも3人は必要ですね。
それでさえ、報告を受ける時に、かいつまんだ報告じゃなく、「耳にしたそのままの言葉と強さ臨場感でしゃべって!」とか、何度も言ったものです。
部下にまとめられてしまうと、部下の主観が混入するでしょ。
それから、部下の理解した内容に「勘違い」や「思い込み」が入ってしまう事が多い。
トップは正確な状況判断ができなくなるんです。
僕の場合、この点にすごく細かくこだわりましたよ。

皆さんが今、働いてらっしゃる貴方の会社ではどうでしょう?
大きな会社で、基盤がしっかりしていれば、陣取りゲームだけで何の問題もないでしょうが、小さい会社で3つとも当てはまれば、無くなりますよその会社。

こんな問題は、職員2人や3人がどうしようと思っても、どうにもなりません。
さよならは突然に来るのです。

そうならないように、良くしていくように・・・どうにもならない経営者や勢力と戦うのは、全員の総力しかないでしょう。
そして、抜きん出て強く有能なリーダーの下でなければ、それは不可能だと思いますし、そんなのに付き合う暇な有能者はなかなかいないと思います。

ダメな権力者ほどいいって言うのは・・・・
下々に危機が伝わりやすいから。
権力者を部下が修正しやすいから。
権力者に取って代わって、組織を刷新しやすいから。

権力者がアンバランスに賢いと、これ最悪の結果を招きます。

ご覧の皆さん。
貴方が一般社員なら、そんな目で上司や会社を見てください。
責任者の立場なら、自分はどうなのか? ない能力を有る様に見せかけていないか?って見回してください。
貴方がもし経営者で、自分が今までの話に「当てはまるな!」って、思われるなら、迷わずに社長の座を去ってください。

きついようですが、貴方の内面的な問題や欠陥で、大勢の人が路頭に迷う。
こんな事はあってはいけません。
いい迷惑でしょ。

それぐらいに自分で感じて、覚悟を決めて仕事していって、ちょうど良いぐらいですよ。
役職者の方々は、ご自分がそんな立場にあるって事、絶対忘れちゃいけませんヨ。

自分のブログ・・・言いたい事言える場なので、好き放題言いましたが、世間ではこんな自分の意見は一切封印してるんですよ!

あ・し・か・ら・ず。(笑)




[PR]
by yasu121928 | 2016-02-07 17:14 | つぶやき | Comments(2)