医療費の不思議

今日、都道府県別の高齢者の医療費が出ていた。
高いのは北海道や九州。
安いのは都市部らしい。

高齢化率だけではなくて、地域福祉サービスの充実度などにも差があるから、それはいいとして・・・
医療費には保険料や税金などの公的資金が当てられ、国の社会補償制度という意味合いが大きい。
かいつまんで言えば、我々のお金で成り立っているわけだ。

僕が一番思うのは・・・
例えば総合病院。
特に急性期の病院では、ベットの空きを作るために少し良くなったら、迅速に家庭や慢性期用の病院に移す。
例えばその受け皿が老人ホームなどの場合もある。
医者はほぼ休みがなく、救急窓口は医者もナースも一息つく暇もないほど。
そんな勤務医の給与はいくらだろう?
労働基準法って何?って程に命は尊いし、すぐ訴訟にもなるし・・・
でも、こんな総合病院は効率もいい。
先進医療機器を揃え、本当の意味で治療をしてもらえる。
そんな価値にもう少し、税金などで手当してあげてでも、手厚くすべきだと思うんだ。

一方。 開業医はと言えば・・・・
時間が3分過ぎても電話にでない。
夜間・休日は好き放題。
何がホームドクター???
意味がわからない。

挙句の果てに駐車場見てごらん?
ベンツかBMWだよ・・・・
こんなやつらに同じような診療請求をさせてる理由・・・なぜなんでしょうね?

彼らは医師会を通じて多額の献金をしていたりしない??
僕は知りませんよ。
表向きこの話題は新聞もTVもタブー視されてたりしない?
僕は知りませんよ。

もし、仮にそんな事情で国民の代弁者であるべき議員様様が暗躍してたりしたら・・・
そんな事はないとは思うけど。

ちょっと考えれば誰でもわかりそうな開業医の贅沢・・高級車。

彼らは夜毎在宅患者のために寝ずに働いているのでしょう。
休日もなく、緊急で走り、日本の医療制度の大黒柱なのでしょうね。

だから乗れるんだ。
だから、緊急勤務医をはるかに超える贅沢ができるのでしょう。
じゃなかったら、相当な政治力が働いてるって勘ぐってしまう人が出てきて「当然」ですもんね。

まわりりくどい話をしてまいました。
この勢力はすごいらしいって話も聞いたことあるので、念のためあくまでも「例えば」の話だという事を覚えておいてください。

煙はたたないはずです。 火がなければネ024.gif
[PR]
by yasu121928 | 2011-07-07 22:21 | Comments(0)
<< 鋼の錬金術師の作者 中途半端な美人は不利なんだって! >>