鋼の錬金術師の作者

私達が持つ漫画のイメージをはるかに超越したこの作品。
これはすごかった。
a0198819_8503259.jpg


この作者は「荒川弘(あらかわひろむ)」さん。
なんと女性だ。
「民族紛争」や「政治」「戦争」そして人間の持つ「欲」「理性」「愛」「恨」、物事の「道理」などテーマもメッセージも奥深く強烈なものがある。

これはネットで調べた作者の情報。
まずはごらんあれ。

ペンネームや作風から男性と間違われやすいが、女性である。高校時代は空手を習っており、黒帯を取得していて、今でも10kgのダンベルを片手で持ち上げられる筋肉を維持している。2007年に男の子を出産しているが、妊娠中・出産後ともに一度も休載していない。また、自身の子供について「15歳になったら自分の漫画を読ませて絶対面白いと言わせてやる…」「そうした将来の読者が出来たので戦いがいがある」と対談にて語っている。

まずは全28巻を読んでから、DVDを借りてすべて見た。
家族全員で・・・はまりこんでます。(笑)
そして、もう一度全28巻を読み始めてます。 今3巻目。

じつは本でもDVDでも、付録で4コマ漫画が付いてくるんだ。
これがまた面白い!!!
本編を見てからじゃない意味がないんだけど・・・
本編の重いシーンを、あえて超ライトにして、キャラクターは可愛く愛くるしく、そしてかなり間抜けに。
本編との両極に作者の凄さを感じてしまいます。

すごい作家さんです。

子供にはちょっと難しいかな。
大人もしっかり読める作品ですよ。
[PR]
by yasu121928 | 2011-07-09 08:50 | Comments(0)
<< 一番じゃなきゃやだ!(笑) 医療費の不思議 >>