人気ブログランキング |

偶然を運命に変える方法

今日みつけたコラムをご紹介します。
とっても興味深いので、まずはどうぞ。



スタンフォード大学教授が「偶然を運命に変える方法」を理論的に解明してくれました。その方法をしっかり理解すれば、あなたの運命は変わります。

人生の成功は実力ではなく偶然?

世の中には、富と名声を手にいれ、人生において大成功を収めた人たちがたくさんいます。1999年にスタンフォード大学のクランボルツ教授らは、その成功者たち数百人を対象に、成功の秘訣を徹底的に分析したのです。

すると、成功者のうち約8割の人は、今の自分の成功は「予期せぬ偶然によるもの」によってもたらされたと答えたというのです。
「目標に向かって寝る間も惜しんで頑張った結果だ」とか、「普通以上の能力・実力があった」などといった回答が出揃うだろうと予測されていた中、この結果は意外だったようです。

この結果をもとに成功の法則を導いた理論を『プランド・ハップンスタンス(planned happenstance)理論』と呼びます。日本語に訳すと『計画された偶然』『意図された偶然』となります。

偶然、といっても、ただ棚ボタ的に運が良かっただけの人が成功しているわけではありません。この理論は次の3つから成り立っています。

●1.人生の成功は、予期しない偶然によってその8割が形成される。

●2.ただ偶然を待つのではなく、自分にとって良い偶然が起きやすくなるように行動したり、偶然が起きそうな気配を敏感にキャッチすることでラッキーチャンスを増やすことができる。

●3.その偶然を、当人が積極的に活用し努力して、成功へつなげていく。

そう、偶然を運命に変える力を持った人だけが人生を掴み取ることができるのです!

偶然を運命に変える資質とは

偶然を運命に変える人と、偶然がただの偶然で終わる人の違いは、その人の資質にあるとクランボルツ教授は言っています。

●好奇心:なんでもとりあえず興味を持ってやってみる
●持続性:ちょっとくらい失敗してもめげずにチャレンジを続ける
●楽観性:何事も「必ずうまくいく」「できるはず」とポジティブに考える
●柔軟性:自分の考えに凝り固まらずに、その時その場で対応を変える
●危険性:多少のリスクは承知でやってみる

そう、よく言われるポジティブ・シンキングが「予期しない偶然」を呼び込むのです。






まずは幸運な偶然が起こりやすくするための努力・・・自分磨きですね。
幸運を感じ取る感覚もアンテナも重要なのでしょう。

次は起こった幸運を活用しなきゃ・・・次の幸運を指くわえて待ってても、そうそう重なるわけもなく・・。
どうやって発展させていくかってことだよね。072.gif

こうやって考えると、人生でチャンスという幸運は誰にでも結構訪れてるんだと思う。
肝心なのは、チャンスを理解し発展させる事。
それが偶然を運命に変える作業。

ポジティブシンキング~積極思考~
これは僕はなかなか良い点が取れない。008.gif(苦笑)
●好奇心と●危険性は大丈夫。●柔軟性もなんとか行けると思う。
ただ・・・●持続性●楽観性に弱い。

なんたって、本当は心配性のネガティブO型ですから・・。012.gif(笑)
a0198819_833517.jpg

古儀
by yasu121928 | 2011-11-13 08:04 | 仕事系 | Comments(0)
<< 頭皮の乾燥 全日本女子バレー >>