心に残る名曲「声」

ミスチルのライブの名曲。
「声」

心の中の本当の欲や欠点や・・気持ちをさらけ出した・・そんな曲。
歌詞をじっくり読んでくださいな!

彼の作風が変わっていった「理由」や、彼らの凄さがきっとわかるはずです。
それでもわからない方は、まずはライブのCDを借りてみてください。
何かがわかるはずですよ。はい。

この曲は素晴らしい。



ミスチル「声」


言葉はなかった
メロディーすらなかった
リズムなんてどうでもよかった
喉まで上がった
もやもやがあった
大声で叫びそうになった

この街にあふれてる
スピーカーから流れてる
でも君にぴったりの歌を僕は探している

昔は嫌いだった
なんか照れくさかった
でも誰かに好かれたかった
ファルセット出なかった
ハモるの下手だった
だけど三度下を歌いたがった

時には悲しんだり
時には喜んだり
君が鳴らす音楽にそっと寄り添っていたい

言葉はなかった
メロディーすらなかった
リズムなんてどうでもよかった
胸にしまってあった
もやもやがあった
たまらなく君に逢いたかった

別に巧くなくていい
声が枯れてたっていい
受け止めてくれる誰かがその声を待っている

[PR]
by yasu121928 | 2012-04-12 22:06 | 心を打つ名曲 | Comments(0)
<< 満足に払う対価 傲ったら負け >>