50才の僕から65才の僕へ

ちょっとサバを読んでいるが、もうすぐ僕は50才。

最近の僕といえば、若い頃になかったくらいに、将来を見つめている。
年をとって保守的になったのか・・・そもそも世間の高齢者のほとんどがそんな感じで、長生きした時のためや、次の世代のために、貯蓄を使おうとはしないのかもしれない。
日本中で一番裕福な(貯蓄額に多い)世代は70代かららしいもんね。
持ってる人がなかなか使わないから、なかなか景気が良くならないとか何とか・・・。(^^;)

僕の見る65才は決してそういう意味ではないが、なんかリタイヤして余裕を持って趣味などを楽しめる時期が65才から多くて十年ぐらいな気がするのだ。
10年あるかな~75才だよ!?
でもまあ、65才のその頃には多少なりとも余裕が必要だし、このままで行ってそんな余裕ができるわけないし・・・。

もっとも、65才まで生きられる保証などないわけで、そんな場合はただの無駄な徒労に終わってしまう。
でも逆だってある。
今の時期に身の丈を超えた贅沢をしたとして、100才まで生きちゃうとかね。
当然、公的年金には期待ができないし、息子や娘に頼れる時代じゃないし・・・。
最低限の生活を保証する憲法さえも書き換えられているかもしれない。

そうなったとしても何とかなって、しかも65才ぐらいからしばらくは、余裕をもった楽しみも味わいたい!

じゃあ、50才の僕は65才の僕のために今何を考えて暮らしていくべきなのか?
ここを考えております。
ここで今、生活を締めないと・・・・。o(^▽^)o
年金もそうだし、たとえわずかでも資金を先に送って行かなければ・・・・。
でも、残らないんですよねぇ~絶対に贅沢してないのに・・なんでだろ~って・・・。
でも、少しずつでもって個人年金などを苦しみながら支払っています。(>_<)

仕事や子育てという重荷から解き放たれたその時こそ・・・一番充実した時間にしたいって考えるのは、やはりちょっと青いのでしょうか。

いずれにせよ時間の束縛がなくなったら、少しは陽だまりの中にいる様なポカポカした時を味わいたい。
その時を大事に考えたいなっていう気持ちが大きいのです。
65才になった時に、おんなじこと思うかなんて・・・知りませんよ!(^O^)

実は私ちょっとだけ嘘をついておりました・・・・・。
本当は65才よりもう3年ぐらい早くそんな時を迎えたらと心の奥では考えていました~♫
嘘はいけません。嘘はね。m(_ _)m
by yasu121928 | 2014-03-16 17:20 | つぶやき | Comments(0)
<< 男と女 春霞 >>